日刊大衆TOP 社会

うちの親はこうして騙された……体験者は語る! 「後妻業」悪辣手口

[ヴィーナス05月05日号]

うちの親はこうして騙された……体験者は語る! 「後妻業」悪辣手口

後妻としてシニア男性に近づき、遺産をガッポリ横取りするビジネス――その名も"後妻業"がメディアを賑わせている。
大阪では視聴率王やしきたかじんの死後、後妻と長女との間で泥沼バトルが勃発。後妻目線で描かれた、たかじんの闘病記『殉愛』の真偽を巡り、裁判沙汰の大騒動にまで発展した。
また、京都では筧(かけひ)千佐子被告が夫と元交際相手を次々に毒殺し、計約10億円の遺産を手にしたとされる。本誌は複数の調査会社調査員、遺産相続に詳しい弁護士などを徹底取材。その恐るべき実態に迫った!


体験者01 自宅は勝手に取り壊され、父は介護施設送りに……
高木和雄さん(51・メーカー勤務)父・信義さん(80)後妻・千絵さん(55)


千絵さんは後妻に入る前、家政婦として父の身の回りの世話をしていたんです。
当時、父は認知症が始まりかけていました。我々兄弟はみんな、遠方に住んでいるので、再婚の話を聞いたときはホッとしました。

ところが入籍後、父にとって終の住処であるはずの東京都世田谷区内の約100坪の自宅が、私たちも知らない間に取り壊されたんです。その後まもなくして、自宅跡には、5階建ての賃貸マンションの建設が始まりました。
おかしいと思い、父に連絡を取ろうとすると、東京・三軒茶屋の介護施設に入っていることが判明。面会しようにも、"本人が会いたくないと言っている"との理由で断られました。千絵さんに聞いても、"すべては本人の意思"と言うだけ。

困り果てて調査会社に依頼したところ、千絵さんと介護施設は結託して、父を軟禁状態にしていたことがわかりました。認知症を理由に寝たきり生活をさせ、体力を弱らせることで、合法的に死亡させようとしていたんです。

もっと早く気づいていればと、悔まれます。
体験者02 父を意のままに操るため実家に銃弾を放った後妻
田中英治さん(48・建設業)父・泰史さん(82)後妻・綾子さん(42)


うちの父は、東京23区内在住の大地主で、資産はゆうに数十億円ほどありました。それに目をつけたのが後妻の綾子です。
彼女は元ホステスで、なかなかの美人。共通の知人を介して知り合った父は、一目見てぞっこんになったようです。
もっとも、父の遺産は莫大でしたから、嫁とともに"あの女は財産目当て""信じちゃいけない""早く別れたほうがいい"などと意見はしていました。父もほどなくして目が覚めたようで、毎月あげていたお小遣いも減額したようです。

そんなある日、なんと、実家の玄関に銃弾が撃ち込まれたんです。捜査の結果、犯人は驚くことに、後妻の綾子でした。
どうやら綾子は知人の男に、"自宅玄関に何発か撃ち込んで!"と依頼したようでした。しかも、その理由というのが、"ダンナは気が弱く、自分に惚れているから、そういう恐ろしい事件を起こせば全面的に自分を頼り、結果、以前のように思いのままに操れるようになるから"というもの。
こんなヤバい女が後妻として入り込んでいたとは、なんとも恐ろしいですよ。
体験者03 家と家具を新調したいあまりに実家に放火!
金子聡さん(45・公務員)父・浩二さん(74)後妻・幸子さん(45)


母の急死後、父はひどく落ち込み、寂しさのあまり結婚相談所に登録しました。そこで出会ったのが幸子さんでした。
今、父が一人で住んでいる実家は、神奈川県川崎市にあり、広さは約80坪。資産も、それなりにはあるほうだと思います。
ですが、父はかなりの渋ちんで、幸子さんを後妻に迎えたあとも、化粧台やタンス、ベッドなども、母が生前に使用していたものを使わせていました。それに対して幸子さんは"家具を新調したい"と、よく不満を漏らしていたそうです。

父が再婚すると、ほどなくして、実家でボヤ騒ぎが起きました。その半年後、今度は隣の会社役員宅が放火され、100坪の豪邸が全焼しました。
警察が捜査に乗り出すと、なんと容疑者として幸子さんが浮上したんです。調べによると、幸子さんは夫である父に内緒で、新築の設計図の作成を依頼していました。

実家を燃やそうとした動機は、新しい家と家具を手に入れるためでした。
2度も自宅に火を付けると自分が疑われると思った幸子さんは、隣家に放火し、延焼させようと計画。ところが、隣の塀が高かったため、隣家だけが全焼する事態となりました。

しかも、父との再婚前にも3度後妻に入り、3人とも不審死しているそうです。
さすがの父も焼き殺されかけたことを悟り、すぐに離婚を決断。隣家の奥さんが、家を燃やされた執念で、後妻のその後を調査したところ、今は結婚相談所の紹介で、八王子の地主の後妻に入っているようです。

うちの親はこうして騙された……体験者は語る! 「後妻業」悪辣手口

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.