日刊大衆TOP トレンド

依頼殺到「おっさんレンタル」って儲かるの? 創業者・西本貴信氏インタビュー

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

「おっさんレンタル」をご存知だろうか? 1時間1000円でおっさんをレンタルできるサービスで、いま若い女性の間でけっこうな人気になっているのだ。会社では若いOLに疎んじられ、電車に乗れば女子高生に避けられる……そんな非モテの代表であるはずのおっさんが、なぜそんなにモテるのか? おっさんレンタルを主催している西本貴信氏に、その理由を訊いてみた。

そもそもなんで「おっさんレンタル」?

――まず本業のスタイリストとして活躍されていたのに、どうして副業でおっさんレンタルを始めようと思ったんですか?

西本「おっさんって、基本的に女性からの評判がよくないじゃないですか。腹が出てる、キモい、とか。それを誰かの役に立つことで、見直してほしかったんですよ。要はおっさんのいいところ見せたろ、と」

――当時はここまで受けると思っていました?

西本「いや、ぜんぜん思っていませんでしたよ。実際、最初はぜんぜん依頼が来ませんでしたからね。依頼が増え始めたのは、メディアで紹介されたことも大きいでしょうね。まったく知らない人よりは信用してもらえるでしょうから」

001



ちなみに料金は1時間1000円プラス交通費と、かなり安い。これまで3年近くで約1500件の依頼があったというが、トータルにすると売上は150万円ほど。はっきりいって“おいしい副業”とはいえないだろう。

西本「もともと儲けるつもりで始めたわけじゃないですから。まぁ、ビジネスとしては、はっきりいって成り立っていないですね」

――1時間のレンタルでも、移動とかで結局、2時間は取られますものね。それで1000円じゃ、割にあわないですね。

西本「もともと僕はお金大好き人間だったんですよ。でもおっさんレンタルをやっているうちに考えが変わってきましたね。おっさんレンタルで人に喜んでもらえる、ありがとうって言ってもらえることが本当に嬉しくてたまらないんですよ」

依頼内容は職場や友人など人間関係の悩みを聞いてほしい、と言うものから恋愛相談、洋服を選んでほしいなどさまざま。男女比が3:7と女性が圧倒的に多く、下は女子高生から主婦、89歳のおばあちゃんまでと、なんとも幅広い。

――あのぉ、下世話な質問で恐縮ですが、それだけ女性の依頼者が多いと、ヘンな気持ちになったりすることってないんですか?

西本「それはないですね。キレイな人だなぁと思うことはありますけど。それに仕事ですから、そういうことは一切しないと決めています」

次のページではおっさんレンタルの人気の秘密が明らかに!
――じゃあ、こっちにその気がないとしても、向こうから誘われたりしたことは……?

西本「それは遠回しに誘われたことありますよ」

――おおッ!

西本「でもういう時は、すぐにタクシーに乗せて帰しちゃいます」

――あぁ、そうですか……。

平日は夜しか営業できないにもかかわらず、レンタル依頼は平均して週に10件。その中にはリピーターのお客さんも多いという。いったいこの人気の秘密はなんなのだろう?

西本「まずは相手に喜んでもらえるよう心がけていることですかね」

――なにか具体的な会話のテクニックはありますか?

西本「ひとつは、その人の1番いいところを見つけて褒めることです。どんな人でも、なにかひとつは光っているものがありますから、まずはそれを見つけてほめる。あとは相手が話しやすいように、自分は話さず質問をします。そうすれば相手は、いい気分でどんどん話してくれますよ」

――なるほど、褒める、そして自分は話さず相手に話をさせるわけですね。

西本「あと若い人には上から目線は絶対ダメ。対等、もしくは少し下ぐらいのスタンスがいいんですよ。それと自分の武勇伝を話したらダメ。失敗談はいいんですけど、武勇伝は相手をしらけさせますね」

002



おっさんレンタルの人気は、まず西本氏のコミュニケーション力によるところが大きいだろう。しかしこの人気には、もうひとつ、人間心理に基づく理由があるともいう。

西本「他人にしか話せないことってあると思うんです。家族や友人、恋人には話せないけど、まったく関係ない他人なら話せるっていうことが。それを話したい、そんな気持ちにおっさんレンタルはぴったりなんですよ。これが受けている、一番の理由かもしれませんね」

――ちなみにこのおっさんレンタルを始めてから、日常生活でモテるようになりましたか?

西本「いやぁ、それはぜんぜんですね。前も今も残念ながらモテません」

大阪のおっさんメンバーを1人増やし、さらに研修中のおっさんが1人加わったというおっさんレンタル。誰かに話を聞いてもらいたい、そんな気持ちになったら、ぜひ頼んでみたらいかがだろうか。

西本貴信氏

1967年・大阪府生まれ。22歳で渡米し、映画、ドラマのスタイリストとして活動開始。帰国後、ファッションプロデューサーとしてブランドディレクションなどに携わる。大学、専門学校の講師としても活動する中、2012年より副業として「おっさんレンタル」を開始。現在も様々な依頼人にレンタルされている。近著は『「おっさんレンタル」日記』(大和書房)

依頼殺到「おっさんレンタル」って儲かるの? 創業者・西本貴信氏インタビュー

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.