日刊大衆TOP コラム

世界標準を知るほど、猪木のプレゼン努力や頑張りを思い知る。[プチ鹿島コラム]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯


先日「WWE」を特集するムック本の取材を受けた。私がしゃべったのは「WWF時代からの変遷を日本の観客目線で語る」という内容。

たとえば「ボブ・バックランド」を論じるだけで興味深い。WWFは全米進出に備え、エースをボブ・バックランドからハルク・ホーガンに変えた。「バックランド以前・以後」で激変した。プロレスとは何か、エンタメとは何か、もっといえば大衆とは何か。そのポイントでも考えられる。

そんな話をしながらも、インタビューの途中にしばしば出てきたのが「猪木史観」。私がここ半年くらい使用している言葉である。具体的にいうと「1964年のジャイアント馬場」(柳澤健・双葉社)を読んでしみじみ考えなおした「猪木の頑張り」のことだ。

あの本を読めば、世界で即通用したジャイアント馬場の偉大さがわかる。それまでも馬場が新人時代にアメリカで成功していたという事実はプロレスファンなら誰でも知っていた。しかし具体的にどの程度かは知らなかった。そこを柳澤健は丁寧に掘り起こしたのだ。
私が子どもの頃に「プロレスの教科書」で教えられた歴史とは、エリート・馬場に対しての雑草・猪木の奮闘である。猪木はストロングスタイルという旗印を掲げた。「強さでは馬場に負けない」という主張を。

この思想はウケた。「プロレス道」の雰囲気を帯びたのだ。かなりの長期にわたって、明るく開放的で誰でもわかるアメリカンプロレスは軽視された。

しかしメジャーリーグでは馬場だったのである。「大きいことはいいことだ」という圧倒的正義。アメリカでは客を呼べる人間がすべてであり、早々に呼べたのは馬場だった。

猪木がそれを覆すには勝負論とストイックさしかない。猪木は必死に我々を説き伏せたのだ。生きる術として。

世界で最も客を呼べたアンドレ・ザ・ジャイアントも猪木のリングでは「柔よく剛を制す」の相手のひとりだった。アンドレが世界標準(超ベビーフェイス)のまま、日本で迎えられたのは馬場とタッグを組んだ全日本プロレスだった。晩年である。

猪木はボブ・バックランドや、でくの坊で格下時のハルク・ホーガンとは定期的にタッグを組んだが、アンドレとは一度しか組まなかった。「大きい=正義」「わかりやすい=正義」の魅力に猪木派の観客も気づいてしまう危険性を感じたからかもしれない。

今となって、世界標準を知れば知るほど猪木のプレゼン努力や頑張りをしみじみと思い知る。

馬場さんも偉かったが、アントンもやはり偉かった。



プチ鹿島
PROFILE
1970年5月23日生まれ。お笑い芸人。オフィス北野所属。時事ネタを得意とする芸風で、新聞、雑誌などにコラムを多数寄稿。ラジオ番組「東京ポッド許可局」(TBSラジオ)、「荒川強啓のデイキャッチ」(TBSラジオ)、「キックス」(YBS山梨放送)ほか、TVや映画など多方面で活躍中。





「教養としてのプロレス」(プチ鹿島/双葉社)
2014年8月7日発売 新書判304ページ





今もっとも注目すべき文系芸人・プチ鹿島氏による初の新書が双葉社より発売! 「どの週刊誌よりも売れていた」という90年代黄金期の週刊プロレスや、伝説の編集者・井上義啓氏の週刊ファイトなどの“活字プロレス”を存分に浴びた著者による、“プロレス脳”を開花させるための超実践的思想書。 「半信半疑力を鍛える」「グレーゾーンを許容する」「差別に自覚的になる」等々、著者が30年以上に及ぶプロレス観戦から学びとった人生を歩むための“教養”を、余すところなく披瀝。すべての自己啓発本やビジネス書は、本書を前に、マットに沈むこと必死!

プチ鹿島氏のコラムが読める雑誌「EX大衆」は毎月15日発売!


ブログ:http://orenobaka.com/
ツイッター:@pkashima

世界標準を知るほど、猪木のプレゼン努力や頑張りを思い知る。[プチ鹿島コラム]

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.