日刊大衆TOP 娯楽

どこで変わる?「1円パチンコ」で損する人得する人

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯


レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第17回 1円パチンコの活用法


年間収支はプラス50万! はぐれライター堅実派の森本レオ子がパチンコの基本を指南する本コラム。今回のお題は、ここ数年でぐんぐんとシェアが伸びている「1円パチンコ」、通称・1パチについてです。

「1円パチンコ」という言葉、耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。
一般的にパチンコホールでは1玉を4円で借りて遊戯するのですが、この1円パチンコは1玉を1円で貸し出してくれる営業形態のこと。理論的には4円パチンコよりも4倍遊べるということになりますね。

「1パチ」の他にも、1玉を2円で借りる2円パチンコや、なんと50銭で借りる形態まで登場していて、1パチを含めたこれらの営業形態は4円パチンコと区別する形で「低貸パチンコ」と呼ばれています。

低貸の専門店も続々と出店されており、特に地方においてその勢いはとどまるところを知りません。4円コーナーよりも低貸コーナーが盛り上がっている店も増えており、朝イチから1パチのシマが満席になるホールも少なくないですからね。

実はワタクシ、昨年までCSのパチンコ専門チャンネルにて『我ら1パチ5スロ応援団!』という低貸に特化した番組にレギュラー出演させていただいていました。

その経験もふまえて言わせていただくと……ズバリ1円パチンコは勝てません!! 
番組が終わってしまったのでやっと本音が言えました(笑)。

私たち出演者のヒキが異様に悪かったこともありますが、実際に番組での収支も大きくマイナス……。浮いたお金で美味しいものを食べたり、街を散策して1パチの楽しい付き合い方を提案しよう! という趣旨の番組だったのですが、負けっぱなしのせいで企画が成り立たないことが多々ありました(スタッフさんスミマセン……)。

それはさておき、番組で各地の1パチコーナーを体験したからこそわかるのですが、1パチコーナーを勝ちやすい調整にしているホールは本ッッ当に少ない。オイシイ台に巡り会う機会は、通常の4円パチンコ以上に稀だと断言しても良いです。

それなのに1パチのシェアは拡大しているのですから、“勝ちやすい”以外のメリットや魅力がたくさんあるのです。
まずは、当たり前ですが「投資が安く済む」こと。
そのため1パチで遊ぶ人は、「どれだけ勝つか」よりも、「いかに投資を抑えて長く遊ぶか」に重きをおいているように感じます。つまりギャンブルというよりは、ゲームセンターに近い感覚でパチンコを楽しめるのが1パチの醍醐味。

台そのものの魅力を純粋に楽しめるという点で、むしろ4円パチンコよりも娯楽として非常に理にかなっていて真っ当なのではないでしょうか。

また、1パチは「懐かしい台の設置が多い」のも魅力です。
1パチコーナーは客の投資額も少ないとあって、いくら勝ちづらい調整にしたところで店側も利益をさほどとれるものではありません。そのため、台の購入費を最小限に抑える必要があり、大半のホールは自店や系列店の4円パチンココーナーから撤去した機種を移動させたり、旬を過ぎた機種を中古で安く仕入れて設置するのです。

新台を導入するホールもありますが、それでも最速導入から数週間遅れての導入となることが多いですね。個人的には、新台が多い店より4円コーナーから撤去されてしまったレア台がたくさん置いてあるほうがよほど嬉しいです。低投資でじっくりと、かつて好きだった台で遊ばせてもらえるのが、なによりも幸せな瞬間ですから。

先ほど「1パチは勝ちづらい」と言いましたが、理由のひとつに「交換率の悪さ」が挙げられます。4円パチンコでは玉を交換する際、1玉4円分の特殊景品に交換してくれる「等価交換」のホールも多いですが、1パチでは等価(1玉=1円相当の特殊景品)のホールは稀。なんと、半額以下となってしまう店も少なくありません。1パチは4円パチンコに比べると、総じて交換率が不利に設定されているホールが多いのです。

しかし!! この不利な条件をチャラにする方法があります。1パチで得た出玉を特殊景品ではなく、店内の景品に交換すれば良いのです。と言うのも、特殊景品に適用されていた交換率は店内景品には適用されません。

すなわち、店内にある景品への交換は常に等価! 例えば、交換率が1玉=0.5円のホールで10000玉を交換するとします。特殊景品なら5000円分となってしまいますが、店内の景品なら10000円分の景品に交換することが可能!! お得でしょ? 

そのため、1パチコーナーに力を入れているホールは、景品が非常に充実していることが多いんです。なかには某激安の殿堂と提携し、店舗で販売されている一部商品と出玉を交換できる……なんてホールもあるんだとか。非常に魅力的ですよね。私自身も1パチの出玉を交換する際は、特殊景品ではなくビールや洗剤などに交換することがほとんど。お米やタバコに交換するユーザーも多いみたいです。

また、私はパチンコライターという仕事柄、パチンコ専門誌やCSの番組などで機種の解説をすることが多いので、事前の予習に1パチを活用しています。確かに勝ちづらくはありますが、低投資で予習ができ、生活用品も揃えられる1パチは非常に便利! それに、投資額が小さいためか、1パチコーナーのお客さんは和気あいあいとパチンコを楽しんでいて、シマの居心地も良いことが多いですね。4円パチンコの『牙狼』や『北斗の拳』なんかのシマとは大違い(笑)。あそこはバリバリの鉄火場ですから……。

みなさんも、1パチを上手に活用してパチンコライフを充実させてくださいね。
それでは、皆さんが楽しめますように!! GOOD LUCK☆


■森本レオ子 プロフィール
「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。




どこで変わる?「1円パチンコ」で損する人得する人

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.