日刊大衆TOP コラム

[プチ鹿島]7.5新日本プロレス 心のカレンダーに大阪城ホールが加わった


先週末、私は福岡にいた。出演しているラジオ番組「東京ポッド許可局」(TBSラジオ系)のライブのためである。
タイトルは「2015 ジャパンツアー 福岡公演」。当日はサザンオールスターズもヤフオクドームでライブ。完全に興行戦争!(もちろん勝手に言っています)。

入場曲で「勝手にシンドバッド」を流すと満員の客席はすぐに盛り上がってくれた。東京以上のノリ。「来年も福岡で!」と言うと大きな拍手をもらえた。

持論ですが、興行が成功したらその日付けを大事にしたほうがいい。翌年も同じ時期にやったほうがいい。自分が客の立場だとしたら、「今年もそろそろあの時期か」と季節の風物詩として楽しみにするに違いないからだ。心のカレンダー。それはプロレス観戦で教えてもらった。

その意味で言っても新日本プロレス7月5日の大阪城ホール大会は大成功だったのではないか。「日付け」がくっきりとファンの心に刻まれたと思う。

「21年ぶり開催の大阪城ホール、超満員札止め!」と感慨に浸るのもいいけど、もっとこれからの話をしよう。「7月の大阪城ホール」という大きな暦が加わったことで、観る側の句読点がひとつ増えた。これは大きい。

1月4日の東京ドーム大会翌日から新たな風景が始まり、春の「NEW JAPAN CUP」が続く。そこで彩られ、練られたいくつかのカードを7月にぶつける。上半期総決算である。8月の「G1クライマックス」前にこういう大きな大会ができたことは観客からすればとても見やすい。「いろいろあったけど上半期も終わった。さぁG1だ!」という気持ちになれる。
さて大阪城ホール大会。今年の出だしは不振だったオカダカズチカがここで締め、上半期のカードのひとつ「棚橋対矢野」の抗争もここで決着。しかし、もっと大きな物語は桜庭和志と柴田勝頼の一騎打ちだった。3年前に新日本に一緒に参戦した2人がここで戦う。しかも大阪城ホールを巡る縁もあった。

2009年の大阪城ホール「DREAM12」で、柴田は桜庭のジム「ラフター7」に入って初めての試合をおこなって勝利(石澤常光戦)。桜庭も同大会で勝利し、喜びを分かち合った。そのような歴史があってからの大阪城ホール。これは観るに決まってる。

大きな興行にはやっぱり“心のカレンダー“が必要なのです。

来年の7月も、個人的には福岡で、新日本プロレス的には大阪で!


プチ鹿島
PROFILE
1970年5月23日生まれ。お笑い芸人。オフィス北野所属。時事ネタを得意とする芸風で、新聞、雑誌などにコラムを多数寄稿。ラジオ番組「東京ポッド許可局」(TBSラジオ)、「荒川強啓のデイキャッチ」(TBSラジオ)、「キックス」(YBS山梨放送)ほか、TVや映画など多方面で活躍中。





「教養としてのプロレス」(プチ鹿島/双葉社)
2014年8月7日発売 新書判304ページ





今もっとも注目すべき文系芸人・プチ鹿島氏による初の新書が双葉社より発売! 「どの週刊誌よりも売れていた」という90年代黄金期の週刊プロレスや、伝説の編集者・井上義啓氏の週刊ファイトなどの“活字プロレス”を存分に浴びた著者による、“プロレス脳”を開花させるための超実践的思想書。 「半信半疑力を鍛える」「グレーゾーンを許容する」「差別に自覚的になる」等々、著者が30年以上に及ぶプロレス観戦から学びとった人生を歩むための“教養”を、余すところなく披瀝。すべての自己啓発本やビジネス書は、本書を前に、マットに沈むこと必死!

プチ鹿島氏のコラムが読める雑誌「EX大衆」は毎月15日発売!


ブログ:http://orenobaka.com/
ツイッター:@pkashima

[プチ鹿島]7.5新日本プロレス 心のカレンダーに大阪城ホールが加わった

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.