日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】競走馬にも〝顔の善し悪し〞がある!?

[週刊大衆09月28日・10月05日号]

人生に役立つ勝負師の作法 武豊
競走馬にも"顔の善し悪し"がある!?


そこに人が100人いれば、100の個性があり、100個の顔かたちがあるように、サラブレッドも一頭一頭、性格も違えば、毛色や顔かたちも違います。
僕も一度、乗せていただいたことがある音無厩舎のブチコは、左目にアイラインが入っていて、レンズを向けられると立ち止まって左側を向くなど、サービス精神が旺盛な女の子。ちょっとした仕草やかわいい顔はアイドル並みで、直接聞いてみたことがないのでわかりませんが、おそらく自分でもそれを十分に意識しているんじゃないかと思います(笑)。

地位が人を作る――それと同じで、最初はボサーッとしていて、どこにも特徴がないなと感じていた馬も、ひとつ勝つごとに逞しさを増し、GⅠに出走するようになると、牡馬なら面構えが良くなり、牝馬はどんどん美しくなっていきます。

その反対に、最初からイケメンと呼ばれる馬もいて。
"流星の貴公子"テンポイント。"王子様"と呼ばれたトウカイテイオー。彼らは、デビュー時からその美しさが話題になっていました。金色のたてがみをなびかせて走るトウショウファルコは、誘導馬になってもファンレターが届くほどの人気馬だったそうです。

サラブレッドの場合、速さや強さと顔の善し悪しは比例しないので、僕ら騎手にとってはどうでもいいものですが、ファンの方の心理を考えると、やはり顔も含めて、いいにこしたことはないのかもしれませんね。

僕自身、これまでたくさんの馬に乗せていただいてきましたが、その一頭一頭についてすべてを覚えているわけではありません。中には、"えーと"と、記憶の回路を必死に探り、それでも、ぼんやりとしか思い出せないときもあります。

そんなときでも、瞬間的にぱっと顔が思い浮かぶのは、牝馬の場合は、かわいい顔をした馬、可憐な雰囲気を持った馬、思わず見とれてしまうほど姿形が綺麗な馬です。
秋の飛躍は確実! 期待の牝馬が登場

1位、2位と、順番はつけられませんが、美人の馬にもたくさん乗せていただきました。その中の一頭が、2006年に行われた第24回「ローズS」を制したアドマイヤキッスです。
美人の中の美人というのは彼女のこと。そのうえ性格も素直で、しかも走るという3拍子も4拍子も揃った女の子でした。もし彼女が人間の女の子だったら、きっと男の子たちが長い行列を作ったはずです。

今週末、このレースで僕のパートナーを務めてくれるのは、キングカメハメハを父に、トゥザヴィクトリーを母に持つ超良血馬、トーセンビクトリーです。骨折というアクシデントがあり、春のクラシックには間に合いませんでしたが、目下、500万下、1000万下と2連勝中の彼女は、品のあるお嬢様タイプ。前走は、レース運びも落ち着いていて、この秋、僕が大いに期待している一頭です。目標は、ここを快勝してGⅠ「秋華賞」へ。僕にとっても、彼女にとっても、ここが大きな試金石になります。

■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算3500勝、日本人騎手初の海外GI制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

【武豊】競走馬にも〝顔の善し悪し〞がある!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.