日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】 ジャパンCがさらに盛り上がる方法とは!?

[週刊大衆12月07日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

人生に役立つ勝負師の作法 武豊
1着賞金3億円。賞金総額6億2400万円――世界第7位となる高額賞金レース、ジャパンカップ・ウィークがやってきました。
このレースが始まったのは、僕が競馬学校に入学する以前……1981年で、ニュースを耳にしたときは、よく分からないながらも、何かが起こるんじゃないか、何かが変わるんじゃないかと、胸をどきどきさせたことを覚えています。
第1回は、招待馬が北米とアジアに限定されていましたが、翌82年に行われた第2回「ジャパンカップ」には、世界の強豪馬が日本に集結。フランスからは、「ヴェルメイユ賞」の勝ち馬で、翌年の「凱旋門賞」を制するオールアロングと、前年の「ヴェルメイユ賞」を勝ち、すでに名牝の域に達していたエイプリルラン。アメリカからは、歴代賞金王で、68戦31勝、GⅠ16勝、前年の年度代表馬、ジョンヘンリーが参戦。このほかにも、アイルランド、カナダ、イタリア、西ドイツ、ニュージーランドと、競馬場には各国の国旗がはためいていました。
馬が豪華なら騎手も、世界のスーパースターばかりです。引退するまでに8833勝を挙げたアメリカのウィリアム・リー・シューメーカーを筆頭に、81年の「エプソムダービー」を10馬身差のレコードで圧勝したシャガーのパートナー、ウォルター・スウィンバーン。第1回「ワールドスーパージョッキーシリーズ」にも参戦した、キャッシュ・アスムッセン。世界をステージに活躍するマイケル・キネーン。フランキー(ランフランコ・デットーリ)の親父、ジャンフランコ・デットーリなど、当時の僕にとっては、雑誌でしか見ることのできなかったジョッキーばかりです。
海外競走のように日本でも改革を!
ワールドカップといえば、サッカーや、南アフリカ戦で大金星を挙げ、その面白さを日本中に発信したラグビーのことを頭に思い浮かべる人が多いと思いますが、当時のホースマン、競馬ファンにとっては、この「ジャパンカップ」が、競馬のワールドカップそのものだったのです。だからこそ、スペシャルウィークとともに、世界の強豪を力でねじ伏せたときは(99年)、誇らしい気持ちでした。
しかし今では「ジャパンカップ」も、集中的にGⅠを開催する「ドバイミーティング」や、イギリスの「チャンピオンズデイ」、アメリカの「ブリダーズカップ」、フランスの「凱旋門賞ウィーク」、香港の「国際競走」に取って代わられています。
GⅠを集中開催する日の売上は伸びるだろうけど、じゃあ、GⅠがなくなる日の売上はどうなるんだという危惧は確かにあります。春も秋も、GⅠという大目標に向かってステップレースが組まれ、完璧に整っているレース体系をどうするんだという問題もあるでしょう。それでも、競馬人気のことを考えると、JRAだけがこのままでいいとは思えません。
まずは、やってみる――そのためなら、どんな協力でもするつもりです。
みなさんは、この問題をどう思われますか!?
■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算3500勝、日本人騎手初の海外GI制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

【武豊】 ジャパンCがさらに盛り上がる方法とは!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.