日刊大衆TOP 芸能

田中みな実は破局でキャラ変?テレビ美女「2015年恋愛ウラ話」バクロ座談会

[週刊大衆12月21日号]

田中みな実は破局でキャラ変?テレビ美女「2015年恋愛ウラ話」バクロ座談会

 画面の中で笑顔を振りまく女神の秘められた一面。年末のこの時期だからこそ、まとめて全部出し!

A:夕刊紙芸能デスク 記者歴20年を超えるベテラン。今もなお現場取材を愛する生真面目な熱血漢。
B:スポーツ紙記者 業界歴はまだ7年ながら、熱愛や破局の噂を嗅ぎつける能力は一線級。
C:女性ライター ジャニーズとイケメンが大好物。“ましゃロス”の反動から仕事に没頭している。
D:芸能事情通 芸能プロダクション社員。さまざまな人脈を駆使した情報網はまさに圧巻の一言。

A それにしても、今年は大物カップルの結婚が続いたね。8月に堀北真希(27)と山本耕史(39)が電撃入籍したと思ったら、9月には福山雅治(46)と吹石一恵(33)がゴールイン。

B しかも福山と吹石が入籍した9月28日は、彼女の33回目の誕生日だった。

C 女心をくすぐるニクい演出ですよね~。

D 堀北と山本は約6年前に仕事で知り合い、今年5月の舞台『嵐が丘』で共演したのをきっかけに山本が猛チャージ。それまで男っ気が皆無で男嫌い説が出るほどだった堀北も陥落。

B 堀北はけっこう新婚生活をぶっちゃけてますね。“彼が料理を作ってくれるんです”“私が掃除ばかりするので彼が驚いてます”とかノロケていますね。

A 毎日が新鮮なんだろうね。なにしろ“交際0日結婚”だから。

C 新しい発見の連続でしょうね。でも逆に言うと、この先、お互いのアラが見え始めてくる可能性もある。

D 実際、スピード離婚を予想している業界人は少なくないようです。

B 一方、謎めいているのが福山・吹石夫妻。いまだにツーショットのお披露目がないなんて異常ですよ。

C 個人的には、あまりツーショットを見たくないんですけど……。

A Cさんみたいな、福山の結婚にショックを受けてる“ましゃロス”症状の女性が多いから事務所も気を遣ってるんだよ(笑)。ってそれは冗談。昔から福山はプライベートに関しては徹底的な秘密主義だからね。

B これまでも、女性側が福山との交際を匂わせただけで関係を断つことが何度もありました。その点、吹石は、2012年に初めて交際が報じられたときから口が堅かったし、我慢強かった。

C 01年、吹石が高校3年生のときに女性誌『an・an』の企画で福山に写真を撮影してもらったのが最初の出会い。彼女は、その後ずっと彼に憧れ続け、ついに“純情”を捧げた……あぁ、ロマンティック!

A また始まった(笑)。

B 実は吹石って、リンパマッサージが得意なんですよ。共演者の肩を揉んでくれることもあるそうで、体験者いわく“天にも昇る心地よさ”なんだとか。きっと福山も、あんなところや、こんなところを吹石にモミモミしてもらってるんだろうなぁ(笑)。

D 2人の“ツーショット解禁Xデー”に関しては、双方の事務所が詰めているところ。来年のお正月早々には実現しそうです。

A 結婚秒読みカップルの動向も気になるね。北川景子(29)とDAIGO(37)には根強い1月結婚説があるけど、どうだろう?

D まだ結婚させたくないのが北川の所属事務所の本音ですが、DAIGOにメロメロの北川本人は、来年8月で30歳になる前にゴールインしたがっている。彼女は一度言い出すと聞きませんからね。今年、杏(29)と東出昌大(27)が元日に入籍したように、来年は北川とDAIGOの元日入籍があるかもしれません。

B 藤原紀香(44)と片岡愛之助(43)も来春には結婚すると、もっぱら。10月には沖縄に“婚前旅行”。11月30日に京都・南座で開幕した「吉例顔見世興行」でも、愛之助宛てに紀香から楽屋に花が届いていることを、共演する市川海老蔵がブログでバラしてました。

A 2人がラブラブなことは確かだけど、結婚となるとまだ、ひと山ありそう。愛之助の後援者の中には“紀香に梨園の妻が務まるのか”と疑問視しているムキもあるというよ。

B 紀香が風水や占いに心酔しているのは有名な話ですが、愛之助は、そういうのは一切信じていないそうですからね。

D 紀香の部屋の酸素カプセルのおかげで、お肌がツルツルになった愛之助ですが、交際しているだけならともかく、結婚となると、そういう紀香のキャラも受け入れないといけませんからね。

A 強行突破したら、それこそ“離縁の妻”になっちゃうかも(笑)。

C そんなラブ様こと愛之助の元カノとして時の人になった熊切あさ美(35)も、ここへきて、ようやく吹っ切れたみたいですね。

B 紀香と愛之助の結婚話を彼女に振っても“どうぞどうぞ。おめでとうございます”と言えるまでになりましたからね。

D つい先日、熊切は『週刊プレイボーイ』の袋とじグラビアで大胆なショットを披露していましたが、来年1月公開の初主演映画『再会~禁じられた大人の恋』ではハードなベッドシーンにも挑戦しています。

A 紀香ほどグラマーじゃないけど、熊切の体もなかなか、なんだよね。

D 一糸まとわぬ姿の写真集のオファーも殺到しています。実は彼女、グラドル時代に“透け”写真が流出したことがあるんですよ。紀香と愛之助が結婚なんてことになったら、熊切が“あてつけ露出”する可能性は高そうです。

C 結婚する人がいる一方では離婚する人もいますね。9月には真木よう子(33)が結婚7年目で離婚。6歳になる長女の親権は彼女が持っているそうです。

B 真木は仕事が入ると、“集中したい”という理由で家族とは別のマンションで暮らしていたというし、破局は時間の問題でした。

D 結婚、出産、子育てで封印していたGカップバディを狙い、早くもオファーが殺到中とか。

A 真木は3年前に常盤貴子(43)の夫で演出家・俳優の長塚圭史(40)との“W不貞”が噂になったけど、最近も長塚の舞台をお忍びで見に来ていたという情報がある。水面下で2人が続いている可能性はあるよ。

D 米倉涼子(40)も昨年12月に結婚した夫とのドロ沼離婚問題が大詰めを迎えているようです。2歳年下の夫も、ようやく離婚に同意したとかで、年内に離婚が成立するかもしれない。

B 米倉も落ち着かない1年を過ごしましたからね。ドル箱の『ドクターX~外科医・大門未知子~』も今年は続編ができなかったし、早く身辺をスッキリさせたいでしょう。

A 米倉と同じ事務所の上戸彩(30)は8月に長女を出産しましたが、12月6日に生放送された『M-1グランプリ』の司会で早くも仕事に復帰。会社にコキ使われている感じは否めない。

B 仕方ない面もあるんですよ。米倉はあんな状態だし、同じ事務所の剛力彩芽(23)は失速。武井咲(21)は伸び悩み。おまけに所属タレントだった高部あい(27)が違法薬物所持と使用の疑いで逮捕とくれば、頼みの綱は上戸しかいない。

A 夫のHIRO(46)との仲が円満で何よりだよ。結婚3年目での出産は、ほぼ予定通りでしょう。

C 結婚2年目で出産したのは菅野美穂(38)。8月に長男を産んだときは夫の堺雅人(42)が立ち会ったそうですが、あの2人も本当に仲がいいですね。

B 意外と庶民派の夫婦らしく、街のラーメン店にフラリと入ることもあるし、一緒に散歩して気がついた10キロも歩いていた、なんてこともあるそうです。

D 菅野はしばらく女優業を休んで、来年のNHK大河ドラマ『真田丸』に主演する堺のサポートと子育てに専念するつもりらしい。

A “恋多き女”深田恭子(33)も、なぜか今年はおとなしかったね。ドラマで共演した亀梨和也と噂になったけど、番組宣伝の臭いがプンプンで。

C でも先日、亀梨の舞台を深キョンが見に来てましたからね。案外、ひょうたんから駒だったりして。

B 来年1月スタートの主演ドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS系)で“貢ぎ体質”のダメ女に扮する深キョンですが、共演の三浦翔平はサーフィンが趣味のイケメンです。

D 今年の夏にも水着でサーフィンするショットが満載の大ヒット写真集『Down to earth』の続編を出したほど、サーフィンにハマってる深キョンだけに、三浦と急接近するかも。要注目です。

C 女子アナ界に目を転じると、田中みな実(29)とオリラジ・藤森慎吾(32)の破局も話題でしたね。

A メガバンク役員の田中の父親が、お笑い芸人との結婚に反対したから、というのが別れの理由とされてますが、実は、藤森が田中に振り回されるのに疲れてしまったからという説もあるんだよね。

C 破局後の彼女が、ブリッ子からデキる女にキャラ変しつつあるのは事実。転んでもタダでは起きない、したたかさを感じます。

A 美脚でならした山岸舞彩(28)は丸井創業者の孫と結婚して、9月で『NEWS ZERO』を降板したけど、引退を惜しむ声はまったくといっていいほど聞かれなかった(笑)。

B 最後は完全に賞味期限切れでしたからね。

C NHKの杉浦友紀アナ(32)は同期入社の美術系スタッフと5月に結婚。旦那と交際中の13年には、日テレのディレクターとの焼肉密会デートも報じられた“超肉食系”ですが、彼女は来年のリオ五輪キャスターを狙っているため、夫に“妊活禁止令”を発令したと、もっぱらです。

D でも、衝撃写真が流出したフリーアナに比べればかわいいもんですよ。

C さすがに、あれは引きましたね~。

B ま、誰もがヤッてる行為ではあるんだけどね。

D 流出といえば、アイドルの援助系の動画騒動もヤバかったですね。現役トップアイドルが10万円ですからね。同じようなことをしている他のタレントから“安すぎる”とクレームが出たとか出なかったとか(笑)。

A やっぱり今年も皆さん、お盛んだったなぁ(笑)。

田中みな実は破局でキャラ変?テレビ美女「2015年恋愛ウラ話」バクロ座談会

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.