日刊大衆TOP 芸能

ファンに家賃を負担してもらい…芸能界の哀れすぎる内情「グラドル貧乏物語」

[ヴィーナス大衆2015年12月04日号]

ファンに家賃を負担してもらい…芸能界の哀れすぎる内情「グラドル貧乏物語」

 人気グラビアアイドルの“マクラ疑惑”が浮上し、世間を騒然とさせた。「カフェでの会話、ホテルに入るまでの道中や、ホテル内での様子、“ん、んっ……”といったリアルな声が収録された動画などがネット流出してしまったんです。本人は、“マクラ疑惑”を否定していますが、あれだけの証拠があるわけですから、立場は非常に苦しい。すでに引退を決めているという話も伝わってきます」(芸能記者)

 ファンをより失望させたのは、最近はテレビでも、ちらほら顔を見るようになってきた彼女が、わずか10万円のために売っていた(かもしれない)ということだ。「グラビアで人気といっても、最近は、撮り下ろしはほとんどなく、あってもギャラは安い。それ以外は、ほとんどがDVDのパブリシティもの(宣伝)で、アイドルにはお金が入りません」(出版関係者)

 そのDVDのギャラも大した金額にならないという。「どんなに売れても1本あたり5万円が関の山。テレビ局主催の有名コンテストも、予選段階の活動に関しては、基本的にノーギャラです。しかも、グランプリを獲っても多額の賞金がもらえるわけでもなく、その後の活躍が約束されているわけでもない。むしろ薄給でこき使われるのが現実です」(芸能事務所関係者)

 そうやって一生懸命に顔と名前を売って、やっとバラエティ番組に呼んでもらえたとしても、「新人グラドルのひな壇出演なら、相場は5000円で、交通費も出ないんです。トップクラスのグラドルでも、おそらくその収入は一般的なOLと同じか、それ以下のはずです」(前同)

 疑惑の真偽はともかく、人気者のグラドルでさえ生活が困窮している。それ以下のグラドルたちの生活とは、どんなものなのか? 本誌で、マンガ『現代変愛事情』を連載中の、三十路グラドルのA・Hさんは、自身の体験をこう話す。「グラビアだけの時代は、普通に月収が2~3万円ということもありましたよ。ただ、グラドル同士のネットワークから、業界関係者とかお金持ちのオジサンとの飲み会みたいなものに、よく呼んでもらえるので、食事には困らないんです」

 これだけでも驚きだが、週末の飲み会は生活費を稼ぐ絶好のチャンスという。「特に週末は、そういう飲み会を3軒はしごして、盛り上げまくって、2万円のタクシー代を3回ゲットで計6万円(笑)、みたいなことも、よくありましたね。だから、ガスや電気は止まっても、皆、携帯代だけは絶対に払うんですよ。飲み会の連絡が、生活を送るうえでの生命線なんで」

 こうしたグラドル間のネットワークを頼りに、いわゆる“ギャラ飲み”で、生活を保っているグラドルは、実はかなり多いという。「ネットワークにつながっていると、コネでグラドルだけができる“秘密のアルバイト”なんかも紹介してもらえることがあるんです」(Aさん) グラドル専用の秘密のアルバイト――いったい、どんなものか? 「六本木ヒルズなどに住んでいる、お金持ちの部屋や仕事場のお掃除のアルバイトなんですよ。グラドルらしい格好をして、4時間くらいお掃除をすると2~3万円がもらえるっていう(笑)。お金持ちの趣味のお遊びでしょうけど、グラドルにとっては貴重な収入源ですよね」(同)

 Aさんは、「グラドルを何年か続けていると、気がつくと、それくらいのネットワークができてくるんですよ」と言うが、中には、そうした横のつながりが上手く築けない、コミュニケーション下手なタイプもいるようだ。そういうグラドルたちの生活は、さらに悲惨だという。

 一時はコミック誌の表紙も飾ったものの、「現在は、週5日のアルバイト生活をしながら活動を続けています」という、デビュー7年目のグラドル・絵里さん(26・仮名=以下同)は、こう話す。「私は、飲み会で盛り上げるのも苦手なので基本、いつもバイトと掛けもち。でも、急に仕事やオーディションが入って、バイトを休むことになるので、1か所で長続きしなくて、年に何度かはバイトの空白ができちゃうんですよ」

 バイトで生活費を稼げないときは、自家栽培の野菜が食卓にのる。「そういうときは、部屋で大量に育てている“豆苗”で食いつないでいますね。モヤシやカイワレ大根を育てていたこともあるんですけど、いろいろ試した結果、豆苗が一番、育つのが早くて、すぐに食べられることを発見しました(笑)」 そんな食生活では、自慢のバストが縮んでしまわないか、心配になる。

 また、「先月のグラドルとしての収入は2万5000円」というデビュー6年のグラドル・恵子さん(28)は、本誌にこう話す。「身の回りのものが何でも売りに出せる、ネットオークションの存在も本当に助かりますね」 かつてはS・Kのお気に入りで、“Sファミリー”の主要人物だったK・Eも、仕事が減ってきた20代後半くらいから生活に困り、ネットオークションで生計を立てていたことを番組で告白し、話題に。

 だが、Eさんによれば、「そんなのは“グラドルあるある”の基本のキです(笑)」だと言うのだ。「ファンの差し入れでもなんでも、売れそうなものは、すぐにオークションに売りに出しますよ。正直心苦しいですが、生きていくためには背に腹はかえられないから(笑)」 ただ、ファンの差し入れをオークションに出品する際には、こんな注意が必要なのだという。「たまに、シリアルナンバーの入った限定商品とかをわざわざ買ってきてくれる熱心なファンがいるんです。そういうものをうっかりオークションに出して、高く売れたと喜んでいたら、ファンにバレて、ブログが炎上なんてこともあります」

 自業自得な気もするが……。また、一番手っ取り早く稼げ、主な収入源となるのが、“撮影会”だとか。事務所が運営するものの他、専門業者が開催するもの、スタジオ主催のもの、またアイドル雑誌主催のものなど、様々に存在し、アイドルたちが日銭を稼いでいるという。「当初は、ファンとの交流イベントの一つで、基本的には団体撮影会でしたが、現在の主流はスタジオ内でファンと一対一の“個撮”。1~2万円ほどで、たっぷり1時間もアイドルを独占できるとあって、これが人気なんです。ファンへのサービスがよく、予約がすぐ埋まるようなグラドルなら、一日で4~5万円稼ぐことも可能ですね」(芸能事務所関係者)

 だが、“個撮”でいくら人気でも、当然、メディアへの露出には結びつかない。「長時間、ファンと一対一の“接客”をこなし、笑顔を作り続けることに、とことんメンタルを削られ、辞めていく子も結構いますよ」(前同) というから大変なのだ。

 しかし、三十路突入目前で10年目の真美さん(29)は、こう告白する。「“個撮”ができる子はまだいいんです。私なんて、呼ばれてもセッション撮影ばっかりですからね。一日、水着でポーズと笑顔を作って、6000円とかザラですから。なので、撮影会はファンからの差し入れに期待するしかないんです」と言う真美さんだが、「そもそもファンが少ないから(笑)」と、さらにこう嘆くのだ。

「人気があって“個撮”でバンバン稼げる子は、撮影会が迫ると、ブログやツイッターに、好きなお菓子や食べ物、お気に入りの化粧品や、狙っているブランド品なんかの情報を、さりげなくアップするんです」手間を惜しまずブログを更新すると、それを見たファンが買ってきてくれるというのだ。

「そうすると、ファンが当日、差し入れてくれるんですよ。私も真似してみるんですけど、もらえるのは安いものばっかり。それでも、食料をもらえるのは本当に助かりますよ。レトルトとか、半年くらいもつ、保存のきくものだったら、言うことないですね(笑)」

 彼女は、都内でOLをしている妹の自宅に居候中。家賃が必要ないため、なんとか暮らせているという。「撮影会などで、常連のファンと個人的に連絡を取り合って、カラオケBOXなんかで、事務所に内緒のプライベート撮影会をやって、お小遣いを稼いでいる子もいっぱいいますよ。ファンに家賃を払ってもらっている、なんて子にも会ったことがあります」(真美さん)

 こう聞いていると、冒頭のトップグラドルが10万円で売っていたのも、そこまで特別なことじゃないような気がしてくる。「彼女も、本当は言いたいんじゃないかと思いますよ、“皆、やっているのに、なんで私だけ!”って(笑)。正直、1回10万円だったら、“喜んで!”って手を上げるグラドルはいっぱいいると思います」 そう言うのは、レースクイーン出身のグラドル・春香さん(22)。「私の場合、パパが4人いて、生活を支えてもらっているんです。一人20万円くらいで、月に2~3回の関係です。仲のいいグラドルたちも、皆、そんな感じで、“最近は、どこの業界が景気が良くて、羽振りのいい社長が多い”みたいな情報を、常に交換しあっています」

 最近では、こんな情報に、多くのグラドルが色めき立ったという。「高級タワーマンションに、常時4人のグラドルを囲っている、某有名飲食チェーンの社長がいるんですが、最近、4人のうちの一人に、彼氏がいることが社長にバレて、マンションを追い出されたっていうんです。その空いた席をゲットしようと、何人ものグラドルが立候補したっていいますね。私も、もう少し早くその話を知っていたら、立候補していましたね(笑)」 ——あの憧れのグラドルの笑顔の裏には、ショッキングな日常が隠されているのかもしれない!?

ファンに家賃を負担してもらい…芸能界の哀れすぎる内情「グラドル貧乏物語」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.