日刊大衆TOP 娯楽

パチンコ「最後の大連チャン機」、プロもたまげた出玉力

現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!
第22回 大当たりが止まらなくなる「最後の超連チャン機」!

 グーパンチでボタンを叩くお隣さん。激アツリーチの最終場面で拳を振り上げてドンッ!! まだ飲んでないわしのコーヒーが床にボトッ。ハズれて立ち去るお隣さんの背中を見つめるしかなかった……ポンコツパチプロのアンドレです。

 今年はパチンコ業界にとって節目になる重要な年です。昨年パチンコ台のルールが変更され、これからは全てのパチンコ台がマイルドな性能に変わっていきます。ただ、ある日突然ドーンと変わるのではなく、少しずつ古い台を減らしながら新ルールの台を増やしていくという流れです。

 メーカーやホールは徐々に準備を進めているところですが、新しいマシンはこれからタップリ打てるので、どうせ稼ぐなら大好きな現行機種を心ゆくまで思いきり打っておきたい! というわけで、わしはチョイ古マシンに的を絞って稼働してます。ホールから消えてから「ああ、あの台をもっと打っておけば良かった」と後悔しても遅いのです。

 そんなある日の実戦。この日はお気に入りの『009 RE:CYBORG』の甘デジ版で勝負。ところが、負ける気が全くしないほどの得意機種なのに、押しても引いても当たりやしない。気がつけば大当たり確率の6倍回しても当たらず、3万円ノーヒット。時間的にこれ以上の深追いは回収不可能と判断。プロでもこういう展開は避けられんのがパチンコの現実です。

 しかしプロである以上、手ぶらで帰るわけにはいかん。負けを取り戻すためではなく、明日へつながる予習として、まだ見ぬ新機種を試し打ちしておこう。そこで狙いをつけたのが『バスタード!!-暗黒の破壊神-』! 全国導入は4月4日の予定ですが、名古屋にあるニューギンの直営店には、なんと先行導入されているのです。

バスタード
バスタード!!-暗黒の破壊神-
(ニューギン)
◆大当たり確率:約1/159.8
 →確変時:1/39.98
◆確変継続率:約94%
(C)萩原一至/集英社(ジャンプコミックス)

 甘めな初当たり確率なのに、いざ連チャンモードに入ると94%という驚異の継続率。永遠に連チャンが終わる気がしない強烈スペックです。遊技前に忘れずトイレへ行っておきましょう(笑)。

 何だかイイことずくめの機種ですが、実は連チャンモードにブチ込むまでのハードルが少々ありましてのう。全ての大当たりで確変に突入しますが、わずかな右打ちチャンス中に再び大当たりすることで、晴れて連チャンモードに突入するシステムなのです。

 打ち始め、まずは投資2千円で大当たり。わしの初回右打ちチャンスは20回転でしたが、残念ながらスルー。ただ、左打ちに戻しても確変は続いている可能性があり、その場合はもちろん大当たり確率が約39分の1にアップしています。

 すぐさま2回目の大当たりを引いて、今度は右打ちチャンスが10回転。そしてまたもや当たらず。それでもすぐさま3度目の大当たり。ところが、これがなんと右打ちチャンスなし! バンバン当たるかわりにチャンス0回転のスカを引いてしまうこともあるんですのう。

 その後も当たってはノマレの繰り返しで、ついに6回目の大当たり。すぐに当たるので総投資は5千円で済んでるけど、そろそろ心が折れかけてきています……。もう投げ捨ててしまおうかと思った矢先、ふと画面を見ると7図柄でテンパイして全回転リーチに発展! もちろんこれは大当たりで、そのまま100回転+αの連チャンモードに突入です!!

 ここからは怒涛の連チャンフルパワー全開。まさに大当たりのラッシュです。連チャンモードが終わってしまう条件は「転落抽選」をパスしてしまった時のみ。その確率は約1/394なので、MAX機種で大当たりを引くような薄い確率。そんなのを引く前に、約39分の1をズバズバ引いてやればええんです。楽勝楽勝~♪

 仮に「転落当選」してしまっても演出上ではわからんのですが、転落しようがしまいが、最低でも100回転まではラッシュ継続するのでとにかく右打ち。

 そしてあっという間に35連チャンを達成。終わってみればジャスト1万発でした。この日の全投資は3万5千円なので奇跡のプラス生還!? やるのう、わし。

 今年5月から発売されるパチンコ機種は、確変の継続率が最高でも65%までという新ルールが適応されます。つまり、こんなポテンシャルの台はもう新たに登場しなくなってしまうのです。ぜひみなさんにも、この凄まじい連チャンを一度味わってみて欲しいと思います。

 そういえば、名古屋のパチンコには独特の「換金所手数料」というのがありましてのう。最終収支は何とマイナス130円でした。ギギギギ……。

■アンドレ プロフィール
1967年大阪府生まれ。パチンコメーカーや直営店が数多く存在する名古屋を拠点に『パチンコ攻略マガジン』の専属ライターとして活躍中。パチプロとしての長い経験や知識に加え、幅広い業界人とのパイプを生かした多角的な分析が得意。

パチンコ「最後の大連チャン機」、プロもたまげた出玉力

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.