日刊大衆TOP 芸能

水森かおり「なかなかグラビアのオファーが来なくて(笑)」ズバリ本音で美女トーク

水森かおり「なかなかグラビアのオファーが来なくて(笑)」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

 今回は、“ご当地ソングの女王”として、数々のヒット曲を世に放ち、『NHK紅白歌合戦』に13年連続で出演するなど、大活躍の演歌歌手・水森かおりさんが登場。昨年、歌手生活20周年の節目を迎えた彼女が、下積み時代から現在までを、たっぷり語ってくれた!

――昨年の歌手デビュー20周年、おめでとうございます。その記念すべき1年を振り返って、率直な気持ちをお願いします。

水森:最高の20周年イヤーだったと思います。毎日忙しく過ごさせていただき、たくさんの方と触れ合う時間をいただきました。デビュー当時は、20年も歌手を続けられるとは思ってもいなかったので、本当に感謝の1年でした。

――このコーナーには約4年ぶりの登場となります。

水森:もちろん、覚えていますよ。いつ、グラビアの話が来るのかなと。ずっと待っているのに、なかなかオファーが来なくて(笑)。

――そうでした。前回は『週刊大衆』でのグラビアデビューも、目標の一つに掲げてくださいましたからね。大変失礼いたしました。

水森:アハハハ。お願いしますね。

――今や“ご当地ソングの女王”として知られる水森さんですが、オーディションをキッカケにスカウトされた後も、下積み時代は所属事務所のスタッフとして働いていたとか?

水森:そうですね。電話番をしたり、掃除をしたり、お客様にお茶出したり……。レッスンがあるときは早退していましたが、月曜から金曜まで、そういう日々を2年間くらい続けました。

――その後、95年に『おしろい花』でデビューしますが、転機となった曲といえば、やはり紅白初出場を決めた『鳥取砂丘』ですか?

水森:もちろん『鳥取砂丘』も思い入れの深い曲ですが、“転機”となると、その前年の『東尋坊』ですね。初めて“紅白”という舞台を自分の中で明確な目標にできたというか、出場者リストに自分の名前が載っていなくて悔しいと思ったんです。それまでは意識したこともなかったんですけど。

――『東尋坊』のヒットがあって、翌年の紅白初出場につながったと?

水森:そうですね。この曲の舞台である東尋坊は、目の前に日本海が広がる崖の名所なんですが、当時の私も歌手として“崖っぷち”だったので、本当にその時の気持ちが曲にリンクしていました。作曲家の弦哲也先生が「『東尋坊』も崖っぷち、かおりちゃんも崖っぷちなんだから、頑張ろう」とおっしゃられて……。「私、今のままじゃダメなんだ!」と、ハッとさせられました。あの曲に出合ったことで、ファンの方や家族、そしてスタッフの皆さんのためにも、一つ先のステージに立ちたいという目標ができたんです。

――それだけ、手応えも感じたということですか?

水森:発売当時から、周囲の反応が目に見えて違っていましたね。それまでは、キャンペーンで商店街のレコード屋さんの店頭とかで歌わせていただいても、なかなか振り向いてもらえなかったんです。

――今では想像しがたい光景ですね。

水森:一瞬見てくださる方もいましたが、“なんか歌っているな”という感じで素通りされちゃう。だけど、『東尋坊』のときは、曲に吸い寄せられるように皆さんが集まってくださったんです。自分でも“今までとは全然違う”と思いました。

――なるほど。曲に引きつけられたわけですね。その周囲の変化を経て、翌年に紅白初出場を果たすわけですが、出場が決まった瞬間って、どんな感覚でした?

水森:本当にうれしかったですよ。今でもハッキリと覚えています。名古屋の松坂屋でマネージャーとお仕事で使う備品の買い物をしていたとき、マネージャーの携帯電話に連絡が来て。思わず、フロアー中に響く声で「やったー!」って(笑)

――名古屋のデパートで歓喜の絶叫をしたわけですね。

水森:名古屋では、その後も何回か紅白の連絡をいただいたり、初の座長公演をやらせてもらったりして。私にとっての“パワースポット”かもしれませんね。

――その後、13年連続で紅白に出場し、最近では巨大衣装も注目を浴びています。昨年は、天女のような衣装に身を包み、火の鳥の上で『大和路の恋』を熱唱する姿が話題となりましたが、高い所は怖くないですか?

水森:高い所、大好きなんです。毎回、もっと上がればいいのにと思っています(笑)。観客席の真上で聞く歓声は、たまりませんよ。すごくゾクゾクしますし、気持ちいいです。

――今や、紅白には欠かせない目玉の一つですからね。そんな水森さんの今年の新曲が、白鳥の飛来地として知られる新潟の瓢湖(ひょうこ)を舞台にした『越後水原(えちごすいばら)』。3月に発売すると、オリコン週間シングルCDランキングで5位! 大ヒットですね。

水森:ここ2作が、わりと明るめの軽い曲調だったのに対して、『越後水原』は笑顔を封印するくらい切ない女心を歌った、久しぶりに重厚感のある曲調なんです。『鳥取砂丘』や『東尋坊』の頃を思い出させてくれる作品ですね。20周年という節目を過ぎ、また一からスタート地点に立つにふさわしい曲をいただけたな、と。

――新たな挑戦という意味では、最近リリースした『越後水原~特別盤~』には、カップリングとしてテレビ東京系のアニメ番組『ふるさと再生日本の昔ばなし』のオープニング曲『ふるさとほっこり村』も収録されています。アニメソング初挑戦となったわけですが、抵抗はありませんでした?

水森:全然ありませんよ。“歌のお姉さん”になった気分で優しい気持ちになってレコーディングできました。新鮮で楽しかったです。

――演歌とアニソン。意外な組み合わせですよね?

水森:私、今でもカラオケに行くと、『花の子ルンルン』とか、『キャンディ・キャンディ』とかをよく歌うんです。『超電磁マシーンボルテスV』のオープニング曲も大好き。いつも歌いながら、涙流してます(笑)。

――懐かしい! まさか“ボルテスV”の話が出るとは思いませんでした。

水森:アニメソングを歌うのは、幼い頃からの夢だったんです。今回、思いがけずにお話をいただいて、すごくありがたいなと。今後もアニソンやCMソングとかも、オファーをいただければ、ぜひやりたいです。あと、グラビアも(笑)。

――あっ、お待たせしてすいません。

水森:私、スタイルには自信ないですけど、セクシーに見せる撮り方とかあるじゃないですか、チラリズムとか(笑)。うまく撮っていただければ、そこそこイケると思うんですよ!?

――そういえば、前回登場していただいたときは、「いつかドーンと、色気を出してやろう」という話からグラビア解禁の話題になったんですが、あれから色っぽい話はありましたか?

水森:最近は皆さん、妙に気遣ってくださるんです(笑)。取材とかでも、恋愛話は、あえてスルー。ファンの方にも、切実な感じで「大丈夫?」と言われるので、心配を掛けているんだな、と。まあ、聞かれてもお話できるようなことはないのですが……。

――恋をしたいなあ~と思う瞬間とかはありますか?

水森:一人でご飯食べているときとか、ふと思う瞬間はあるかな。うん、それはある(笑)!

――あるじゃないですか! では、理想のタイプは?

水森:このままの自分を受け入れてくれる人がいいですけど、やっぱり多少の歩み寄りは必要かなとも思ってます。そんなに面倒くさい女じゃないですよ~。

――ちなみに、前回は「多少はストライクゾーンを拡げなければダメだな」とコメントされています。

水森:ハハハッ。じゃあ、もっとストライクゾーンを拡げないと(笑)。

――プライベートの時間をどう過ごしてますか。最近、何かにハマッてるとかは?

水森:ハマッているといえば、スマホのサメのゲームですかね。サメを操って魚とか、熱帯魚とかを食べさせて、どんどん成長させていくんです。サメの成長が楽しみなんですけど、つい力が入って爪が痛くなって、それが最近の悩みです。

――……。

水森:あと、サメのゲームをやっていると、恋愛シミュレーションゲームの広告が入ってくるんですよ。ちょっとこれもやってみようかな、と……(笑)。

――ますますファンの方が切実に心配しそうですね。

水森:そうですよね(笑)

――それでは、最後に気を取り直して、今後の抱負をお願いします!

水森:やはり、今のシングル『越後水原』を、もっと多くの方々に聴いていただけるよう頑張っていきたいですね。すごく歌いやすい曲ですから、女性だけでなく、ぜひ男性にも歌っていただきたいです。

 今や日本を代表する演歌歌手となった水森さん。偉大なキャリアの一方で、時にジョークや自虐ネタまで披露する気さくで飾らない性格は、相変わらずでした。歌手としての類まれなる才能はもちろん、その人間力も、多くのファンから愛される魅力なんだなと改めて感じた次第。グラビアでの活躍にも乞うご期待!?

●ポラロイドプレゼント●
水森かおりさんのポラロイドをご応募いただいた方の中から抽選で1名さまにプレゼント! 下記ページから必要事項をご記入の上お申し込みください(※会員登録が必須となります)。
応募する

水森かおり みずもり・かおり
8月31日、東京都出身。95年に『おしろい花』でデビュー。03年リリースの『鳥取砂丘』で「紅白」初出場を果たし、13年連続出場中。05年には『五能線』で日本レコード大賞最優秀歌唱賞、06年の『熊野古道』、07年の『ひとり薩摩路』で「ベストヒット歌謡祭」の演歌・歌謡曲部門で2年連続グランプリを獲得するなど、“ご当地ソングの女王”として名をはせる。今年7月に『越後水原~特別盤~』をリリース。

水森かおり「なかなかグラビアのオファーが来なくて(笑)」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.