日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】大種牡馬の死で思い出すヤンチャ娘

[週刊大衆2016年08月22・29日合併号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

 昭和の大横綱・千代の富士(九重親方)の訃報が報じられた前日、アメリカの大種牡馬、シーキングザゴールドが老衰のため亡くなっていたというニユースが飛び込んできました。31歳。サラブレッドとしては大往生です。

 父は1987年、88年のリーディングサイヤーに輝いたミスタープロスペクター。日本でもお馴染みのフォーティナイナーやブライアンズタイムと同期で、88年に行われた「トラヴァーズS」……米三冠に次ぐレースで、開催が夏であることから、“ミッドサマーダービー”とも呼ばれているレースで、3頭が激突。1着フォーティナイナー、2着シーキングザゴールド、3着ブライアンズタイムという成績を残しています。見たい! という方は、ネットでレース映像を見ることができるので、検索してみてください。

 代表産駒は、あのシェイク・モハメド殿下をして、「彼はゴドルフィンが所有した過去最高の馬」と言わしめた00年のドバイワールドカップ優勝馬、ドバイミレニアム。そしてもう一頭、僕にとっては忘れられないパートナー、名牝、シーキングザパールがいます。いい意味でも、悪い(?)意味でも、彼女は飛び抜けた存在でした。

 忘れもしません。あれはデビュー2戦目、中山競馬場で行われたG3「新潟3歳S」です。スタートのタイミングが合わずに大きく出遅れたうえに、何をどう勘違いしたのか、外ラチに向かって一直線。「うそやろぅ!」

 叫んだときには、僕以上に顔をひきつらせたお客さんの顔がはっきりと分かるほどの所まで迫っていました。長く騎手を続けていると、いろんなことを体験しますが、あんなに怖い思いをしたのは、後にも先にも初めてです。

「デイリー杯3歳ステークス」は、3歳による芝1400メートルのレコードタイムでぶっちぎりのV! これでもう、大丈夫かなと安心した4戦目、「阪神3歳牝馬ステークス」では、直線で謎の失速と、まるでオセロの黒と白。今思うと、気性の激しさを自分でも持て余している感じの走りでした。

 しかし、そんな彼女だからこそ、日本調教馬初の海外G1ウイナーという歴史に残る大仕事をやってのけられたのだと思います。気性が難しくても、乗り心地は超一級品。トップスピードに乗ったときの走りは、まさしく世界一でした。

 現役引退後、彼女は若くしてこの世を去りましたが、マイネルラヴ、ゴールドティアラ、シーキングザベスト、シーチャリオットなど同じシーキングザゴールドを父に持つ仔どもたちが、そのまた仔どもたちへと血を受け継ぎ、その仔たちがさらにまた、その仔たちへ伝えていこうとしています。

 ある馬は、両親の背中を追いかけて。また、ある馬は、親が成し得なかった大きな勲章をつかむために。たまには、そんな物語を感じながら、予想するのも面白いかもしれません。

■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算3500勝、日本人騎手初の海外GI制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

【武豊】大種牡馬の死で思い出すヤンチャ娘

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.