日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】最後の一冠はエアスピネルで奪取します

[週刊大衆2016年10月03日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

 日本からただ一頭、「凱旋門賞」に挑戦するマカヒキが、前哨戦となったG2「ニエル賞」(芝2400メートル)で、見事な勝利を収めました。今年から、日本でも海外の馬券を購入できることになり、その第1弾が、この「凱旋門賞」ということもあって、スポーツ紙は早くもお祭り騒ぎです。

 でも、ずっと挑戦し続け、そのたびに分厚い海外の壁に跳ね返されてきた人間の一人としては、ここからが本当の勝負……というのが素直な気持ちです。海外のレースに挑戦し始めた頃、最大の課題は、いかにして長距離輸送のダメージを減らせるかだったといいます。

 水も大きな問題の一つでした。たかが水といわれるかもしれませんが、飲みなれない水を飲んで腹を壊したら、そこでアウトです。飼葉も同じ。調教にいたっては、日本とはまるで規模もスケールも違っています。考えられないほど広い森の中で行われる毎日の調教では、何が起こるか分かりません。実際、ディープインパクトは、ときどき顔を出すウサギや鹿に驚き、ばたばたしていたそうです。こうした失敗から学んだことを一つ一つ積み上げ、そこからさらに新たな工夫と努力を重ね続けてきましたが、それでもなお、正解を導き出せずにいる……それが、「凱旋門賞」というレースなのです。

 友道康夫先生をはじめ、スタッフの皆さん。僕も何度もお世話になっているシャンティイで厩舎を開業する小林智先生。そして金子真人オーナーにとって、この勝利の喜びは、ほんの一瞬、ここからが本当の勝負。無事にレース当日を迎え、1着でゴールするまで、神経をすり減らし、血を吐くような毎日が続くはずです。日本馬による「凱旋門賞」制覇は、日本人ホースマンの悲願。その一人としてマカヒキを応援していますし、僕も負けてはいられません。

 今年のダービーを制したマカヒキがいない日本では、最後の一冠「菊花賞」(10月23日)に向けた前哨戦、G2「神戸新聞杯」(芝2400メートル)が25日、阪神競馬場を舞台に行われます。このレース、「皐月賞」を制したディーマジェスティは、別路線(18日の「セントライト記念」)に進みましたが、「皐月賞」3着、「ダービー」2着のサトノダイヤモンド。どちらも本来の力が出せず、5着に終わったリオンディーズのほかにも、虎視眈々と最後の一冠を狙う馬たちが、顔を揃えそうです。

 僕のパートナーは、「皐月賞」「ダービー」ともに4着に終わったエアスピネル。春は、「生まれた時代が悪かった……」と臍を嚙みましたが、充実の夏を過ごした秋は、再び横一線のスタート。「神戸新聞杯」の内容が、最後の一冠に直結します。

 生まれた年が違っていたら、どの馬も、大きな勲章を手に入れることができただろう実力のある馬ばかり。その中で、見事、栄冠を勝ち取り、「いい時代に生まれた」と胸を張れるよう、最高の騎乗を心がけます。

■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算3500勝、日本人騎手初の海外GI制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

【武豊】最後の一冠はエアスピネルで奪取します

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.