日刊大衆TOP 芸能

片山萌美「私のグラビアに需要があるのか、自分で考えてました(笑)」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆2016年11月21日号]

止まらないキスの秘密
http://www.lovecosmetic.net/
「もう何度したのか覚えていない」

片山萌美「私のグラビアに需要があるのか、自分で考えてました(笑)」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

 抜群のプロポーションに整った顔立ちがとてもクールビューティな片山さんが、舞台で初主演! 本誌は役作りと彼女のプライベートについて徹底インタビューを敢行。すると、自身の困りごとを打ち明けてくれました!

――やあ、驚きました。“ミス日本”でもある片山さんが、今回、初主演となる舞台『悲しき天使』で“飛田新地”の遊女役に挑戦!

片山 はい。男の人は“飛田新地”と聞くだけで、すぐにどういう場所か、やっぱり分かるんですか?

――もちろん! 男で知らない人はいないと思います。今や日本最後の桃源郷とまで呼ばれていますからね。

片山 へえ~。

――片山さんはご存じなかった?

片山 この舞台のお話をいただくまでは知らなかったんです。申し訳ないです。

――まあ、女性は知りませんよね。舞台を始める前に、現地を見に行きました?

片山 すごく行きたかったんですが、時間の都合も難しかったですし、舞台関係者の方から働いていない女性がうろついていると、トラブルになるかもと伺ったもので……。

――冷やかしと思われそうだしね。

片山 最初は私、一人で飛田新地に行く気満々だったんですが、せっかくの舞台前に何かあってはと思い、やめておこうと。

――そもそも、一人で行くのは危ないです。

片山 そうですよね……。ただ、これも聞いた話ですが、すごく若くてきれいな女性が多いんですって!

――そうなんです。

片山 さらに新地内は道によって、女性の年齢層も違うそうです。

――よくご存じで!

片山 現地に行けなかったので、飛田新地がどういう場所なのか、いろいろと調べましたから(笑)。

――素晴らしい! 舞台の衣装もまた、かわいらしいワンピースながら露出多めで良かったです。

片山 はい。できるだけ、リアルに再現しようと。

――実際、片山さんのような極上美女がいたら、最高ですけどね。

片山 いやいや(笑)。

――舞台のストーリーも、店の女の子とお客さんとのラブストーリーで、男性の妄想をかきたててくれます。

片山 そうですね。もちろん、周りで働いている女の子との関わり合いや、家族のこと……そういうところで働いている女の子たちの悩みや問題なんかを取り上げています。だから、男性だけでなく、女性も楽しめる舞台だと思います。いや、むしろ女性のほうが、感情移入できるかもしれません。

――なるほど。今回の舞台で、苦労されたことは?

片山 大阪弁ですね。東京出身なので、ナチュラルな大阪弁ができないんです。

――それは大変だ!

片山 難しいですよね、大阪弁。言葉遣いなんかは真似できても、ちょっとしたニュアンスが……ちょっと優しくしようとすると京都っぽくなっちゃうし。

――特に大阪の方はこだわりを持っていますもんね。

片山 私の習いたての大阪弁が通用するかどうか、心配で仕方ないです。

――記事が出る頃には、東京公演(11月10~13日)は終了していますが、大阪公演は11月26、27日ですので、関西地方の方はまだ間に合いますね!

片山 関西の皆さま、どうか、お手柔らかに。

次ページ >> “ミス日本”からグラビア、女優の道へ

片山萌美「私のグラビアに需要があるのか、自分で考えてました(笑)」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


  • 「もう何度したのか覚えていない」彼を豹…

オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.