日刊大衆TOP 女性向け

シュート、古畑任三郎、世にも奇妙な物語…今こそ見たい!SMAP「5人共演」のレア作品

[ブリュレ]

シュート、古畑任三郎、世にも奇妙な物語…今こそ見たい!SMAP「5人共演」のレア作品

 SMAPのデビュー25周年を記念し、フジテレビは『SMAPグラフィティ』と題した企画を行うことを発表した。同企画は、11月19日から12月28日までの間に、木村拓哉(44)主演のドラマ『HERO』、草なぎ剛(42)主演のドラマ『僕と彼女と彼女の生きる道』を始め、SMAPのメンバーが主演を務めた作品を再放送するというものだ。

 俳優としては個々で活動することが多いSMAPだが、メンバー全員がそろって出演している作品は、いまだファンの間で名作として語り継がれている。

 現在オートレース選手として活躍する森且行(42)が、まだSMAPに在籍していた1994年に公開された映画『シュート!』には、若かりし頃のメンバー6人全員の姿が収められている。この作品は、サッカーにかけた少年たちの青春物語が描かれている同名マンガが原作。撮影中には、草なぎが無断で前髪を切ってしまうというハプニングもあったそうで、これはファンの間で有名なエピソードになっている。映画公開の2年後の1996年に森はSMAPを脱退、これが最初で最後の“SMAP6人”での映画出演となった。

 そして5人になって初めて全員そろって出演したのが、1997年に放送されたスペシャルドラマ『僕が僕であるために』(フジテレビ系)だ。高校時代に駅伝部だった5人が6年ぶりに再会。社会人になってそれぞれの道を歩んでいた5人の友情を描く青春ドラマだった。主題歌である尾崎豊の名曲『僕が僕であるために』も相まって、多くの人が涙した。

 1999年に放送された『古畑任三郎』シリーズ(フジテレビ系)のスペシャルドラマ『古畑任三郎 VS SMAP』は、ドラマ史に残る大ヒットを記録した。同ドラマでは、SMAP5人が本人役で登場。コンサートが行われる会場を舞台に、殺人事件の犯人であるSMAPメンバーと、犯人を追い詰めていく古畑との対決が描かれた。古畑を演じる大御所俳優の田村正和(73)と人気脚本家の三谷幸喜(55)が、SMAPとコラボするということで当時大きな注目を集め、平均視聴率32.3%という記録をマーク。2013年には生放送ドラマとして続編も放送されるなど、ファンにとっても思い出深い作品となっている。5人の生き生きとした姿や、楽屋でのメンバー同士のやりとりなど、解散を目前にした今見ると、感慨深いものがあるかもしれない。

 2001年の元日には、『世にも奇妙な物語 SMAPの特別編』(フジテレビ系)で5人全員が各作品の主役として登場。“オトナ免許”が施行されたという設定の世界を描いた『オトナ受験』に中居正広(44)が、奇妙な美容室で繰り広げられる『13番目の客』には草なぎが主演。そして木村はリビングだけに光が当たった空間で繰り広げられる『BLACK ROOM』、香取慎吾(39)は不思議なエキストラの役に巻き込まれる『エキストラ』、稲垣吾郎(42)は姉が残したガイドブックをたどる不思議な旅に出る『僕は旅をする』で主演を務めた。それぞれが異なるストーリーで、『古畑任三郎 VS SMAP』のようにメンバー全員の絡みは少ないが、番組の最初と最後で全員がそろう場面は見逃せない。

 さらに2004年、映画『下妻物語』『嫌われ松子の一生』でメガホンをとった中島哲也(57)によるスペシャルドラマ『X’smap~虎とライオンと五人の男~』(フジテレビ系)で、5人がそろうことに。クリスマスに放送されたということで、CGや歌、ダンスを盛り込みながら、とある街の人間模様を描いたメルヘンチックな物語になっている。まだ10代だった本郷奏多(26)や阿部寛(52)など、豪華俳優陣が出演していることも話題になったが、木村が演じたアジーと香取演じるオジーのやりとりにほっこりさせられた人は多い。さらに、その主題歌にもなった『Song Of X’smap』は3日間限定で配信され、ファンの中でも隠れた名曲として語られている。

『僕が僕であるために』『古畑任三郎 VS SMAP』『世にも奇妙な物語 SMAPの特別編』は、それぞれ『SMAPグラフィティ』として再放送される。この再放送企画にファンからは「終わりが近づいているようで切ない」といった声が上がっているが、ネットでは「再放送とか素敵すぎ! フジテレビありがとう!」「もう一回見直したかったからすごくうれしい」と喜ぶ人も多いようだ。

シュート、古畑任三郎、世にも奇妙な物語…今こそ見たい!SMAP「5人共演」のレア作品

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.