日刊大衆TOP 芸能

松本人志「何を目指してるの?」加藤紗里の迷走ぶりを指摘

松本人志「何を目指してるの?」加藤紗里の迷走ぶりを指摘

 12月15日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、モデルの加藤紗里(26)が出演。狩野英孝(34)との破局後に、マンションを別の恋人から買ってもらっていたことを明かすも発言が迷走し、ダウンタウンの松本人志(53)、浜田雅功(53)らをとまどわせる場面が見られた。

 この日の企画、“2016年あのお騒がせニュース丸ごと本人に直撃!”で、狩野との交際騒動について聞かれた加藤は、「ヒール役みたいになってるじゃないですか。なんで(叩かれるの)?っていう。(自分が)遊ばれた」とコメント。さらに「(狩野から)おまえだけだって言われて。でも(自分が)悪いって言われるから、なんでだろうって」と、不満を漏らすと、松本から「でもほら、見るからにうさんくさいじゃない」とツッコまれ、とまどったような表情を見せていた。さらに松本から「君は何を目指しているのか分からないじゃない?」と言われると、加藤も「紗里も分からなくて。迷子」と、松本の指摘に同意していた。

 次に、芸能レポーターの井上公造(59)が、狩野と別れた後に「おつきあいした男性がいたんですけど、その人とも別れたんだけど、今(加藤は)タワーマンションに住んでいるんですけど、その家賃を元カレに払ってもらってますよね?」と暴露したのだが、加藤は驚く様子も見せずに「家は買ってもらいました」と訂正し、スタジオは騒然。井上は買ってもらったとは知らなかったようで「何者ですかその人?」と加藤に質問したところ、加藤は「何人目の彼氏のことですか?」と逆質問。さらに「一緒に生活するお家です。愛の巣」と笑顔で説明した。浜田から「別れてるやん」とツッコまれるも加藤は特に反応せず、井上が驚きながら「あのタワーマンション“億”しますよ」と指摘すると、加藤も「よくご存じで」と、認めていた。

「狩野との騒動も、もはや終わった感がある加藤ですが、本人も“迷子”と発言しているように、来年以降の芸能活動は微妙ですね。最近はSNSで意味深な発言をたびたびして話題になっていますが、このままではフェイドアウトの可能性もあります」(芸能誌記者)――“炎上芸”で、まだまだ頑張ってほしい!?

松本人志「何を目指してるの?」加藤紗里の迷走ぶりを指摘

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.