日刊大衆TOP 芸能

横浜DeNAベイスターズ・ラミレス監督「監督になってから、好きな日本語は“ガンバリマショウ”です(笑)」決断をする人間力

[週刊大衆2017年01月09・16日号]

横浜DeNAベイスターズ・ラミレス監督「監督になってから、好きな日本語は“ガンバリマショウ”です(笑)」決断をする人間力

もっと画像を見る

 選手時代に、好きだった日本語は“ガンバリマス”でしたが、監督になってからは変わりました。今は、“ガンバリマショウ”です(笑)。選手たちにがんばってもらわなければ、結果は出ませんからね。

 当然、選手たちへの接し方も変わりました。野球は、1試合で9人の選手しか使えません。リリーフ、代打、代走を含めても、試合に出られるのは、一握りの選手でしかない。

 試合に出ることができて喜ぶ選手がいる一方で、多くの選手がハッピーじゃない。もちろん選手には、カジュアルに接したいとは思ってはいますが、それはなかなか難しい。

 たとえば、控えの選手をスタメンに抜擢して、その選手がヒットを何本か打ったら、次の日もスタメンとなるんですが、そうすると必ず一人は外れる選手がいるわけです。外された選手が、調子が悪い場合は、まだ彼も納得してくれるかもしれない。でも、彼の調子は悪くないのに、チーム事情を考えた時、入れ替えのため、代えなければならないケースもあるんです。

 彼の中には、“なんで?”って気持ちがあるかもしれない。そんな時に、僕には、声もかけてほしくないでしょう。その彼に“元気?”なんて軽はずみな声はかけられませんよね。だから、相手にかける言葉は選びます。“しっかりと準備をしておいてほしい”とかね。選手とは仲の良い友人のような関係でいたいと思いますが、それは絶対にできない。監督として、一番難しいところです。

 でも、選手たちと、コミュニケーションを取れているとは思います。選手から声をかけてもらっていますし、声がけもするようにしています。僕だけでは、目の行き届く範囲に限りがありますから、コーチ陣にも、選手の話を聞くだけではなく、選手から訊いてもらえるような関係性になってほしいと伝えています。

 シーズンが始まったばかりの4月は、すごいストレスでしたよ(笑)。首位と11ゲーム差をつけられ、手厳しい声をたくさんいただいた。何を食べているのか分からないまま、食べて、食べて、食べました(笑)。体重も5キロほど増えましたね。

 現役時代に一緒にプレーしていた選手もいましたし、シーズン前はチームのこと、選手のことをよく分かっているつもりでしたが、いざ始まってみると、自分のイメージと実際のシーズンでは、大きく違う部分がたくさんありました。たとえば、キャンプの時にいい結果を残してくれた選手が、シーズン中に調子が上がってこなかったとか。

 シーズン当初は比較的若い選手でチーム作りをしていたのですが、ある一定のところまで来たら、選手を成長させるべきなのか、勝ちにいくべきなのか、決断をしなくてはいけない時期が来ました。そこで、ベテラン選手を使って勝ちに行ったのが、最初の決断でしたね。

 現役時代に僕は、自分がどうやれば結果が残せるのかをずっと考えてきて、ありがたいことに、いい結果を残すことができた。だから、選手たちも、もっとできるはずだと思っていたんですが、自分のやり方が、すべての選手に当てはまるわけではない。それぞれのやり方で伸ばしていかなければならないということを理解したのが、大きな一歩でした。

 ただ、シーズンが終わってみると、4月の停滞期があったにもかかわらず、最終的には、CSに初出場することができました。これは、あきらめずにその後のシーズンを戦い抜いてくれた選手たちと、応援してくれたファンの方々のおかげです。

 昔のベイスターズは、対戦チームを見たくて、球場に足を運ぶお客さんが多かったんですが、最近はベイスターズの試合を見たいと思って来てくれる。その中で試合ができるのは、大変ありがたいことです。

 ベイスターズのみんなには、できるだけポジティブでハッピーにいてほしいなと思っています。そのためにも、17年は16年以上、ハッピーになってもらえるようにしたいですね。

撮影/弦巻 勝

アレックス・ラミレス あれっくす・らみれす
1974年10月3日、ベネズエラ生まれ。米メジャーリーグを経て、01年にヤクルトスワローズ入団。来日1年目から打率2割8分0厘、29本塁打、88打点と大活躍し、チームの日本一に貢献。03年には、打点王、本塁打王、最多安打、ベストナインなどのタイトルを獲得。08年に読売ジャイアンツへ移籍し、チームの主軸打者として活躍。12年にDeNAベイスターズに移籍。外国人選手として、史上初となる日米通算2000本安打を達成。14年に現役引退し、昨季よりDeNAベイスターズ監督として活躍中。

横浜DeNAベイスターズ・ラミレス監督「監督になってから、好きな日本語は“ガンバリマショウ”です(笑)」決断をする人間力

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.