日刊大衆TOP 芸能

橋本マナミ「私、恋愛モードに入ったら肉食系になっちゃうんです」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆2017年01月23日号]

ボートレース福岡
http://www.boatrace-fukuoka.com
GⅢマスターズリーグ第4戦・週刊大衆杯(7月20日~7月25日)

橋本マナミ「私、恋愛モードに入ったら肉食系になっちゃうんです」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

 映画、ドラマ、バラエティ、CMと八面六臂の活躍をみせる橋本マナミさん。そんな彼女に、映画出演の裏話から、最近の恋愛、婚活事情まで話してもらった!

――本日の衣装(ワインレッドのシースルーワンピース)、セクシーですね!

橋本 そうですか~。ありがとうございます。

――映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』冒頭で、橋本さんが登場するシーンでも、最初からセクシー全開でした!

橋本 確かに、共演した横山裕さん演じる二宮が(セクシーさに)ガッツリ食いついてきましたから(笑)。

――演技じゃなくても、男なら誰でも、同じような反応しちゃいますよ。

橋本 そう言っていただけると、うれしいです。“男の人たちを、どう自分にひきつけるか”を意識して演じたシーンだったんです。

――なるほど。物語は、さえない建設コンサルタントの二宮と佐々木蔵之介さんが演じるイケイケワルの桑原が、映画製作の出資金を巡るトラブルに巻き込まれるというもので、アウトロー系の映画かと思いきや……。

橋本 私も最初、そう思っていたら、台本を読んでいくと、すごくコメディ要素が満載なんです。ハラハラドキドキの連続で、先の読めない展開ですが、桑原と二宮のやり取りが面白くて、台本を読んだとき、つい笑ってしまいましたね。

――橋本さんが演じるのは玲美という女性。トラブルの元になった人物、映画プロデューサー小清水(橋爪功)の秘書という設定ですが、どんな女性ですか?

橋本 彼女はたぶん、お金でしか男を判断できない女性かなと。そこに愛はなくて。でも、悪女かと思いきや、自分に自信がなくて、異性をひきつけることでしか、自分の存在価値を見出せない女性なんじゃないかなって思ったんですね。

――役作りが深いですね。そんな玲美ですが、実は小清水の愛人でもある。“国民の愛人”である橋本さんにはピッタリの役でした。

橋本 あははっ。でも、お芝居で愛人を演じるのは、今回が初めてなんです。

――えっ、意外ですね。

橋本 自分でもそう思いました。バラエティ番組に、愛人キャラで出演することが多かったからかな……。

――では今回は、バラエティ番組での経験がすごく生きたんじゃないですか?

橋本 はい。それまでは愛人っぽく振る舞うのが苦手だったんです。男性に思わせぶりの態度をとったりとか。でも、(バラエティ番組の仕事で愛人キャラを)演じているうちに楽しくなって、今は大得意に(笑)。たぶん、3年前だったら、おどおどしちゃって、できなかった役だと思います。

次ページ >> 婚活を本格的に始めようかと…

橋本マナミ「私、恋愛モードに入ったら肉食系になっちゃうんです」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.