日刊大衆TOP 社会

小池百合子都知事VS石原慎太郎元知事、ドロ沼「豊洲バトル」の行方

[週刊大衆2017年03月06日号]

小池百合子都知事VS石原慎太郎元知事、ドロ沼「豊洲バトル」の行方

 “逃げるは恥だが役に立つ”とばかりに責任逃れを続けてきた元知事が翻意。ついに女傑との全面対決に突入した!

「資料が集まり次第、自分で言うべきことを言うため、記者会見をします。逃げているとか、隠れているとかの屈辱を晴らしたい」 2月14日、報道陣の前に姿を現した石原慎太郎元都知事(84)は、こうブチあげてみせた。

 石原氏は、紛糾している豊洲市場移転問題の核心を知る人物と目されているため、小池百合子知事(64)はこれまで、石原氏に対して説明責任を果たすよう呼びかけていた。しかし、石原氏はこれに応じず、これまで“逃げ回っていた”感すらある。それが一転して、「議会がいつ私を呼ぶのか分かりませんが、それまで待ちきれない」と、報道陣に言ってのけたのだが、これには理由があるという。

「当初は、体調がすぐれず記憶が曖昧になっているからと、小池知事の呼び掛けに応じなかった石原さんですが、2月5日の千代田区長選の結果を見て覚悟を決めたようですね」(全国紙政治部記者)

 5日に投開票された千代田区長選では、小池知事らの支援を受けた現職の石川雅己氏が2位に大差をつけ5選を決めた。一方、菅義偉官房長官らが応援演説に入った自民党推薦の与謝野信候補は惨敗している。

「息子の伸晃さんが、昨年の9月まで自民党東京都連の会長だったこともあり、選挙結果に石原さんは驚愕したといいます。小池旋風の凄まじさを目の当たりにした石原さんは、東京を地盤とする伸晃さん(東京4区)と宏高さん(同3区)の身を案じたわけです。こりゃ、他人事じゃないぞと。次期衆院選で小池さんが息子の選挙区に刺客候補を立てたら、苦戦は必至ですからね。石原さんとしては、小池知事の力がこれ以上強くなるのを阻止するためにも、自分が出ていって直接対決する決心をしたのでしょう」(前同)

次ページ >> 石原慎太郎元東京都知事が一転して記者会見の中止…

小池百合子都知事VS石原慎太郎元知事、ドロ沼「豊洲バトル」の行方

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.