日刊大衆TOP 芸能

プロ野球キャンプ「激ヤバ裏話」番記者座談会

[週刊大衆2017年03月06日号]

プロ野球キャンプ「激ヤバ裏話」番記者座談会

「これは、絶対に書けない話だけどね」 ブンヤたちがそんな前置きをするディープなネタを余すことなく大公開!

 2月1日に一斉にスタートしたプロ野球キャンプも、いよいよ終盤に。各地から届けられるキャンプ情報の中には、スポーツ紙には絶対に掲載できない“激ヤバ裏話”も存在する。現場で取材するスポーツ紙記者が集まり、とっておきのアブない話を開陳してもらった。

座談会メンバー
A 記者歴32年のベテラン記者。プロ野球界全体に精通する。
B 記者歴15年の中堅記者。在京球団の番記者を務める。
C 記者歴7年の若手記者。在阪球団の番記者を務める。
D 40年以上業界を渡り歩いてきたご意見番的記者。

A まずは、25億円とも30億円ともいわれる大補強で、盟主奪還を目指す巨人の話題から入ろうか。

B 中畑清、篠塚和典などのOBが「声が出ていない、活気がない」と酷評していますが、実際、その通り。

C 今年からファンがグラウンドまで降りてこられるようなサービスを始めたことが要因なのでは。選手たちが“やりにくい”ってこぼしてるって聞きましたよ。

D あと、高橋由伸監督の性格が反映してるっていうことかな。原監督は、ダメな選手はすぐに2軍に落としてたから、選手たちにも危機感があった。由伸監督は、舐められているわけではないんだけど、選手が監督の優しさに甘えている部分があるかもな。

A 今季は坂本勇人以外、レギュラーは約束されていないと由伸監督が宣言していたから、選手の競争意識にも火がつきそうだけど。

D 確かに、今季のレギュラー争いは熾烈。マギー獲得で、阿部慎之助、村田修一でさえスタメンを外れる可能性がある。ベテラン勢の争いが、チーム全体をギクシャクさせているかもね。

C 巨人は金を使っていますけど、効果的な補強なのか疑問です。新外国人を獲っても、外国人枠の関係で一度に使えませんし。

A ギャレット、クルーズの出番は減るだろうね。特にクルーズは、由伸監督から嫌われているみたいだし。

B クルーズは、すぐに痛がるらしいです。1週間で復帰できるところ、2週間は平気で休む。やる気がないと思われても仕方ない。

A どちらにしても、巨人のキャンプ取材は目玉不足。ドラ1の吉川尚輝は3軍スタートだし、ドラ2の畠世周はいきなり故障、FAの山口俊もインフルエンザ。

D 長嶋さんがキャンプ視察で「勝つ勝つ勝つ」と言ったけど、「喝喝喝」だよな。

次ページ >> 阪神タイガースは、ポジションが決まっていないのが多すぎて…

プロ野球キャンプ「激ヤバ裏話」番記者座談会

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.