日刊大衆TOP 娯楽

パチンコ店に現在「ほぼ勝てる台」が存在している!? 【現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!】

現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!
第42回 パチプロが明かす「99%勝てるパチンコ台」

 パチンコホールのコーヒーレディといえば、どこも美女ぞろいが当たり前。しかしコーヒーのワゴンサービスが始まった頃には、オーナーのおバアさんが缶コーヒーを手売りしていたパチンコ店も存在しました。つい買うのをちょっとためらってしまった……ポンコツパチプロのアンドレです。

 さて、パチンコホールに向かう最大の目的といえば、ズバリ「勝つ」ため。ヒマつぶしやタバコを吸う目的で入ることもありますが、勝ちかと負けのどっちが良いかと聞かれたら、そりゃ誰だって勝ちたいはずです。

 しかし「勝ち」にもいろいろあります。やはり夢は大きく一攫千金を狙いたいものですが、一撃で5万10万と勝てるギャンブル性の高いパチンコ台は、すでにホールにはありません。わしは“ポンコツパチプロ”を名乗っているように、昔から「イチかバチかの大勝ち狙い」よりも「小さくても必ず勝つ」ほうが性に合います。カラダはでっかいですが、スケールはちっちゃい男なのです(笑)。

 さらにいえば、投資はできるだけ少ないほうがええです。誰だってそうでしょう。そして確実に勝てるなら、勝ち額がたとえ1万円程度でも十分うれしい。それが1か月毎日続けば30万円にもなる。どうですか、けっして悪くはないでしょう。でも、そんなにうまく行くはずがないって?

 そりゃそうです。リスクなく楽に勝てれば、パチプロも苦労しません。ところが、最近ふと「ある機種」に目が止まりました。この台には、そんな願望をかなえてくれる可能性がありそうなのです。正直、モチーフが苦手な機種で、これまでは気にしたことすらなかったのですが、スペックは見れば見るほど、どうにもそそられます。なぜもっと早く気づかなかったのか……。

 その機種とは『CRちょいパチ ヱヴァンゲリヲン10』です。「ちょいパチ」シリーズは以前にも取り上げたことがありますね。千円や二千円でサクサク当たる代わりに、出玉がほんのチョッピリ……というパチンコ台のことです。

CRちょいパチ ヱヴァンゲリオン10(ビスティ)
CRちょいパチ ヱヴァンゲリヲン10
(Bisty)
◆大当たり確率:1/39.0
◆大当たり出玉:12ラウンド約920個
           4ラウンド約310個
(C)カラー (C)SANKYO (C)Bisty

 パチンコにおける『エヴァ』シリーズは説明不要のロングラン機種ですが、わしはほぼ打ったことがありません。アニメ放送を見たことがなくて興味が湧かず、登場人物や敵味方のメカ(?)の区別すらつきません。知らないくせに無理して打つ必要はないと、これまで触ってきませんでしたが、この『ちょいエヴァ10』は台の性能がとにかくわし好み。スペックだけ見れば、勝ちやすさはおそらく現役パチンコ台の中でもダントツだからです。

 その秘密は「確変」や「時短」がないこと。「それって“連チャン”が一切ないってことでは?」と思った人はスルドイ。答えはまさにその通りで、大当たりが終わったらすぐに通常画面へ戻る、いわば「オール単発当たり」だけの台です。ひたすら単発をチマチマ当てることの繰り返し。しかし、それこそが勝率を高めるカギなんですのう。

 確変や時短での連チャンは確かにうれしいですが、統計的には大半が平均以下のショボ出玉で終わってしまうのが現実。一方、この『ちょいエヴァ10』は単発大当たりでも、他のちょいパチと比べて2倍の出玉量があります。しかも大当たりの14%が、一気に出玉を得られる12ラウンド大当たりなので、これも有利な材料です。

 つまりヒキや運に関係なく、当たれば確実にまとまった出玉が必ずもらえる仕組みなんですのう。むしろ連チャンさせる手間が省けると考えてもええです。わしは負けた日の消化試合や狙い台のアテが外れたとき、あるいは短時間で少しでも勝ちを上乗せしたいときに「ちょいパチ」を頼りにしていますが、この『ちょいエヴァ10』のスペックなら朝からジックリ打ってみる価値があるはず。

 ということで、さっそく朝イチ開店から突撃してみました。店が開いて一目散に「ちょいパチ」コーナーへ向かったのは、なんとわしだけ。ちょい恥ずかしいけど、勝てば何でもええのだ。すると千円を使い切る前、たった16回転目で大当たり。しかもこれがいきなりの12ラウンドを獲得!

777

 その後も、大当たり7回に1回程度しか出ないはずの12ラウンド大当たりを連続で引き当てて、正午を待たずに1万円以上のプラス。この調子なら3万、いやまさかの5万勝ちもありうる。……と思いきや、その後は何時間も同じドル箱をモミモミ。

 連チャンのメリハリはなくても、逆に台の優秀度を判別するのが簡単でイイ。1回分の大当たり出玉で次の大当たりを引けるかどうか。たったこれだけです。当たりが引けなくても、大当たり確率ライン(約40回転)まで回せるレベルであれば、優秀台。粘りに比例して負ける可能性は限りなくゼロになります。

 結局、午後は一度も12ラウンドを引けない地味展開になりましたが、大当たり回数50回を達成した時点で1万5千円勝ち。投資は千円、おまけに思う存分遊べて、これなら上出来です。何が何でも勝って帰りたい人、時間はあっても手持ちが少ない人に、ぜひオススメしたい逸品パチンコ。それが『ちょいパチ ヱヴァンゲリヲン10』なのです!

■アンドレ プロフィール
1967年大阪府生まれ。パチンコメーカーや直営店が数多く存在する名古屋を拠点に『パチンコ攻略マガジン』の専属ライターとして活躍中。パチプロとしての長い経験や知識に加え、幅広い業界人とのパイプを生かした多角的な分析が得意。

パチンコ店に現在「ほぼ勝てる台」が存在している!? 【現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.