日刊大衆TOP 芸能

谷桃子「酔うと、夏なら服を全部脱いで寝てますね(笑)」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆2017年03月20日号]

谷桃子「酔うと、夏なら服を全部脱いで寝てますね(笑)」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

 清楚なルックスに破天荒なキャラというギャップがたまらない谷桃子さん。今回がラストとなるDVDでは、温泉にベッドに氷責め……!? と、色っぽいシーンが満載。撮影の裏側に私生活にと、聞いてるコッチがハラハラしてしまう過激発言、連発です!

――3月4日に、ついに谷桃子さんの“ラストDVD”が発売されました。

谷 はい。デビュー10周年もかねて、DVDはこれで最後にしようかな、と。

――10周年ということもあって、今回は通常のDVDと違って、ファン参加型の作品となっているんですね。

谷 そうなんです。私にとって初めての試みなんですが、クラウドファンディングという形を取らせていただきました。

――クラウドファンディング?

谷 はい。ファンの方にDVDの制作費用を支援していただく仕組みです。その代わり、出資してくださった方には特典があるんです。たとえば、谷桃子と温泉に行くとか、衣装を選べる権利とか、DVDのジャケットのデザインを一緒に選ぶ権利とか。

――ファンと一緒に作りあげていく感じですね。中でも気になるのが、“谷桃子と温泉に行く!”ですね。

谷 ウフフ。ファンの人と混浴もしたんですよ。

――マジですか!? 僕もその権利、欲しかったです。ちなみに谷さんはバスタオルを巻いていたけど、アレ、下は?

谷 そ、そこはご想像にお任せします(笑)。

――くぅー! 何はともあれ、谷桃子さんと同じ湯に入れるなんて一生の思い出ですね。ただ、僕がもし混浴したら、100%の確率で、“潜る”と思うんですね。

谷 アハハ。実際、シュノーケル持参で潜ろうとしたファンの方もいましたよ。

――やっぱり! 男なんて考えることは一緒です。

谷 ただ、他のファンの方に足で沈められていました(笑)。もちろん、冗談で。

――アハハ。和気あいあいだったんですね。

谷 はい。とても楽しかったです。

――温泉以外にも、オススメのシーンはありますか?

谷 ベッドのシーンです。ぜひ見てください。自分で言うのもなんだけど、超セクシーになっています。

――おおっ。そのシーンは見ましたよ。あれは確かに、まるで視聴者が谷桃子と……という気分になれます。

谷 またストレートな(笑)。

――谷さんが気持ちよくなっているときの表情ですか、あれは?

谷 アハハ。そうですねー。そっちのほうが生々しいような……(笑)。

――生々しいといえば、ベッドで“氷”を使ったプレイもありましたね。

谷 あれも初体験でしたね。確かに、氷ってセクシーですよね。唇や首筋に氷を這わせていくんです……。

――ゾクゾクした?

谷 はい(笑)。ゾクゾクしました。氷が自分の体温で溶けていって、体を滴る感じがセクシーで。なんか、責められているような。冷たいだろ~? みたいな?

――ちなみに、彼氏ができて、“氷を使って責めたい”と言ってきたら、どうしますか?

谷 あ~。私は“夜の生活に限らずに”、好きな人がシテみたいといったことには、できるだけ応えてあげたいんですよね。

――おおっ!

谷 夜の生活に限らず、ですよ!

――そこ大事ね。谷さんは尽くす女なんですか。

谷 そうなんです。尽くしすぎるところがあって。

――求められたら、断れないタイプなんですね。

谷 はい。私って何かを自分が求められていると思ったら、スイッチが入っちゃうんですよね。なんとしても応えてあげたいって。

――ふだんから?

谷 はい。たとえばバラエティ番組で、“江頭(2:50)さんのモノマネをして”とか振られたら絶対、やっちゃうと思う。

――周りを楽しませたい気持ちが強いんですね。

谷 もう昔からそうなんですよね。中学生の頃、寝ている両親をビックリさせちゃおうと思って、マジックで自分の眉をつなげて、鼻の穴も大きく見えるように書いて、バナナを持って、両親の寝室に行ったんです。

――何やってんですか(笑)。

谷 いやぁ、そういう変なところがあるんですよね。

――それは好きな人の前でも、やっちゃいそう?

谷 やってしまいそう……。男性の前じゃないけど、美容院で私、やっちゃったんですよね。髪を洗ってもらっているとき、美容師さんに、“私、アニメのマキバオーのモノマネが得意なんです”と言ったら、“やってみて”と言われて……。

――なんて言ったの?

谷 マキバオーっぽく、“ウ○コ、出ちゃうのね~!”って(笑)。

――アハハ。似てる! 似てるけど、そのセリフ!?

谷 はい。美容院だから基本、静かでしょ。他のお客さんもビックリされて、一斉に私のほうを振り向いていました。

――やっちゃいましたねー。マキバオーで思い出したけど、谷さんは競馬も好きなんですよね。

谷 はい。元々は『BSイレブン競馬中継』のMCをやらせてもらったのがキッカケなんですけど、すっかりハマっちゃって。

――今は川崎競馬のイメージキャラクターも務めているんですね。

谷 はい。私はとにかくサイン馬券が好きなんです。

――サイン馬券って何?

谷 たとえば、数字の組み合わせや色の組み合わせで決めるんです。

――うん? 芝の状態がどうだとか、オッズがどうだとかは関係ないの?

谷 そうです。データはまったく無視。トランプさんが大統領になったから、今回はマンハッタンカフェでいこう、とか。そんな感じで馬券を買うんです。

――当たるの、それ?

谷 これがたまに当たるんです。で、当たったら、大穴ってことが多くて、すごーいと言われちゃいます。

――アハハ。それがまた快感なんですか?

谷 快感です(笑)。で、勝ったら飲み代に使います!

――オッサンですね。谷さんはかなり飲むんですか。

谷 もう大好きなんです。特に日本酒がすごく好きで、この前も酒豪の女の子と2人で一晩中飲んでいたら、一升瓶を丸々開けちゃっていました。

――2人で一升!? ベロベロになるでしょ?

谷 ベロベロになりますけど、私は人といるときは大丈夫なんです。ただ、家に帰って、一人になったとたん、乱れてしまうんです。

――どんなふうに?

谷 もう心も体もすべて開放的になって。夏場は基本、服も全部脱いで、寝ていますね。

――気づいたら、隣に知らない男の人がいるとか?

谷 残念ながら、そんなドラマチックな展開はないんですよ。あ、そうだ。ラストDVDでも、私はベロベロになっていましたよね。

――谷桃子の一日にファンの人たちが密着するシーンですね。確かに後半は、ただの“酔っ払いのお姉さん”のようでした。

谷 いやぁ、あのときは私の行きつけの店を3軒もハシゴしたんですよ。さすがにあの姿はヤバいですよね。今回のDVDで一番、親には見せられないシーンです。ふだんはあそこまで酔っぱらわないんだけどなぁ~。

――でも、ふだんと違う谷さんが見られて面白い。

谷 アハハ。まあ、ああいう人間らしい自分をさらせたのは、自分でも新たな発見でもあります。

――とにかくラストDVDは色気満載、笑いもありで、谷さんのキャラが全開ですよね。本当にこれが最後?

谷 ですね。ただ、ファンの方から“これで最後にしないでほしい”と多くの声をいただいているので……まだ何とも言えませんが。

――求められたら、断れないタイプですもんね。

谷 そうなんです(笑)。

――じゃ、次も期待しています!

谷 はい! 今日はありがとうございました。

 常にテンション高めで、こちらの期待に応えようとコメントしてくれる谷桃子さん。本当に心優しい女性なんだなぁと思いました。ちなみに日々、元気でいるコツは「朝起きたら、まずカーテンを勢いよく開けること」だとか。見習いたいものです。

谷桃子 たに・ももこ
1984年9月9日、茨城県生まれ。A型。T160‐B88W58H87。2007年に『日テレジェニック』のメンバーに選出され、14年度の川崎競馬イメージキャラクターを務める。バラエティ番組『ゴッドタン』(テレビ東京)では“日本一空気の読めないタレント”との異名をとり、大人気に。現在、『厳選いい宿』(テレビ東京)レギュラー出演中。3月4日に、芸能活動10周年を記念したラストDVD『最後はあなたと…』を発売。

●ポラロイドプレゼント●
谷桃子さんのポラロイドをご応募いただいた方の中から抽選で1名さまにプレゼント! 下記ページから必要事項をご記入の上お申し込みください(※会員登録が必須となります)。
応募する

谷桃子「酔うと、夏なら服を全部脱いで寝てますね(笑)」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.