日刊大衆TOP 芸能

桐谷美玲、加護亜依、橋本マナミ…芸能美女「元カレ」ドン引きエピソード

桐谷美玲、加護亜依、橋本マナミ…芸能美女「元カレ」ドン引きエピソード

 4月からスタートしたドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)で、ヒロインの城之内純を演じる女優の桐谷美玲(27)。同ドラマは大久保ヒロミ氏による人気コミックが原作で、女子力ゼロのリケジョ(理系女子)が“女子モドキ”からの脱却を目指すという物語だ。米映画サイト「TC Candler」恒例のランキング「世界で最も美しい顔100人」に何度も選ばれている桐谷のイメージとは、まさに正反対の役どころだろう。

 しかし意外にも桐谷は、ドラマと同じくあまり恋愛には恵まれていないようだ。2016年7月に出演した『幸せ追求バラエティ金曜日の聞きたい女たち 桐谷美玲参戦!真夏のキラキラ2時間SP』(フジテレビ系)では、今でも桐谷本人が「理由がまったく分からない」と言うほど、理不尽なフラれ方をしていたことを打ち明けた。

 MCのおぎやはぎ矢作兼(45)に「フラれた経験は?」と聞かれた桐谷は、衝撃のエピソードを告白。当時の彼氏とカフェで休憩中、突然「ちょっと待ってて」とそのまま30分ほど放置され、その後戻ってきた彼から、唐突に「ちょっとさ~、別れたいんだよね」と告げられたという。理由を聞いても、とにかく「別れたい」の一点張りで、結局そのままフラれてしまったのだとか。あまりにも理不尽な失恋話に、スタジオも騒然。「他にも女がいたのかなー?」と桐谷は予想したが、真相は不明のままらしい。

 桐谷美玲だけでなく、美女に“ひどい過去の恋愛”はつきもの。かつて人気アイドルとして活躍するも、数々のお騒がせ騒動でたびたび話題になってきた、元「モーニング娘。」の加護亜依(29)もその一人だ。

 今年の元日に出演した『快傑えみちゃんねる 芸能界ワケあり男女の新春ヤバネタ祭りSP』(関西テレビ)で、加護は「最低な人がいて」と元カレとのエピソードを語っている。かなり嫉妬深かったというその男性は、映画監督の岩井俊二氏から連絡が来ただけで激高し、「おまえ、誰だ!?」と岩井氏を追及。加護が彼に謝って、ようやく許してもらえたという。ちなみに、加護はその男性との交際中、なんと12回も携帯電話を買い替えたらしい。

「好きになると、言うこと聞かないといけないって、支配されちゃってた」「それがダメなんですけど」と当時を振り返っていた加護。2015年の離婚後、昨年めでたく一般男性と再婚し、現在は2児の母となった。ようやく幸せをつかんだ彼女に、ファンも一安心といったところだろう。

 また、タレントの橋本マナミ(32)も、過去に恐ろしい恋愛トラブルを経験している。2016年9月放送の『芸能人が実体験を告白! 最悪の一日』(テレビ朝日系)で橋本は、10年ほど前につきあっていた男性とのエピソードを披露。「ハンサムではないけどダンディだった」という年上男性が嫉妬のあげく、ストーカー行為にまで発展したという仰天の告白をしている。

 女友達と旅行に行くことになり、旅行と説明すると心配してしまう彼に「仕事で海外に行く」と嘘をついてしまった橋本。すると、それがまったく逆効果となり、空港まで尾行されてしまったという。「僕は全部知ってるから。君が友達と空港に向かうところ、待ち伏せしてこの目で見たから」「向こうで男と落ち合ってたんじゃないの?  尻軽女だよね。許せない。裏切者」といったメールが旅行中から続々と届き、最後には、話した覚えのない歴代の元カレの名前が並べられ、「誰と一緒にいたんだよ!」と問い詰められてしまったのだとか。

 橋本がその後、その交際男性に「私の部屋に勝手に入って日記読んだでしょ?」と電話で尋ねると、男性は「見たよ。でも日記だけじゃない。ずっと見てるよ、君のこと」と告白。そして「警察に言いますよ」と切り出すと、それから一切連絡が来なくなったと語っていた。

 美女だからといって、必ずしも交際相手に恵まれるとは限らないのが現実。女子力よりも、男性を見る目のほうが実は重要!?

桐谷美玲、加護亜依、橋本マナミ…芸能美女「元カレ」ドン引きエピソード

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.