日刊大衆TOP 社会

「ポスト安倍首相」最後に笑うのは“麻生太郎”!?

[週刊大衆2017年03月27日号]

「ポスト安倍首相」最後に笑うのは“麻生太郎”!?

 “一強”政権の揺らぎを見て取るや不穏な動きを見せ始めた黒い影。日本を動かすパワーゲームを制し最後に笑うのは、“あの男”!?

 向かうところ敵なしだった安倍晋三首相に降って湧いた、森友学園問題。「国有地の不正払い下げ疑惑に留まらず、籠池泰典理事長の学歴詐称疑惑に、著名人らの氏名無断借用疑惑などなど、首相とは直接関係のないものも含め、日替わりで問題が噴出。完全に“疑惑のデパート”と化しています」(全国紙社会部記者)

 この炎上劇はここにきて、いよいよ刑事事件に発展する可能性が浮上してきた。「(小学校開設の)総事業費を国に23億8464万円と報告していた一方、学園が大阪府に提出した契約書には7億5600万円と記載。つまり、費用を実際の金額の3倍に水増して国交省から補助金を受け取っていたことになります」(前同)

 大阪府の松井一郎知事も、これを「補助金詐欺が事実なら刑事事件」と批判した。安倍首相にとって痛いのは、学園と首相周辺とのつながりが多数、指摘されていることだ。

 まず、昭恵夫人が、不正な用地取得が問題になった土地に建つはずだった「瑞穂の國記念小學院」の名誉校長に名を連ねていたこと。そして、2014年12月6日と15年9月5日の2回にわたって森友学園の幼稚園で講演を行い、そこに政府の職員が同行したことだ。「菅義偉官房長官は、あくまで昭恵さんは私人という認識を示していますが、政府の職員が同行している以上、だいぶ苦しいですね。これでは、学園と首相の“深いつながり”が勘ぐられて当然です」(野党議員)

 自由党の山本太郎参院議員が戦後最大の疑獄事件となったロッキード事件をもじって、この問題を「アッキード事件」と揶揄したことに、安倍首相が「極めて不愉快だ」と声を荒げたのも、危機感ゆえだと言える。「昭恵夫人が学園の広告塔としての役割を果たしているのは間違いない事実。首相には、より丁寧な説明が求められます」(政治評論家の角谷浩一氏)

 もちろん、だからといって安倍首相自身が土地の不正取得に関与していたとも言いきれない。ただし、政治家として、その責任を問われる事態にはなりかねないというのだ。

 ジャーナリストの須田慎一郎氏が、こう語る。「まず、この問題では、行政経験があって行政手続きに詳しく、かつ、国有地の払い下げから学校法人認可まで、すべて熟知している指南役がいると思います。そして問題は、その指南役が、どの政治家に話を持っていったのかということ。いずれ名前が出てくると思いますが、今現在、自民党の大物議員を含めて、2~3名が噂されています」

次ページ >> 不気味に動くは“首相の盟友”麻生太郎副総理

「ポスト安倍首相」最後に笑うのは“麻生太郎”!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.