日刊大衆TOP 芸能

沢尻エリカ「お尻を触られた」共演者のボディタッチに困惑

ボートレース福岡
http://www.boatrace-fukuoka.com
GⅢマスターズリーグ第4戦・週刊大衆杯(7月20日~7月25日)

沢尻エリカ「お尻を触られた」共演者のボディタッチに困惑

 4月11日放送の『踊る!踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、女優の沢尻エリカ(31)が出演。意外なプライベートを披露して、明石家さんま(61)らを驚かせる場面が見られた。

 この日は「春の2時間SP 毒舌女VS美人アナ祭」として、前半は話題の女性芸能人たちが登場。番組冒頭のゲスト紹介コーナーで、さんまは番組初登場の沢尻を「沢尻ってすごい、いるだけで場が締まる女優になってきたなぁ」とイジり始めた。

 そしてさんまが「1回の記者会見であのイメージになるってどんな気持ち?」と、2007年の記者会見での「別に……」発言で大バッシングを受けたことを聞くと、沢尻は「ちょっと優しくすると、すごい優しいんだねってよく言われる」と明かし、さんまは「得してんのか!」と納得していた。さらに沢尻は「イメージのレベルがすごい下がっているんでしょうね。普通にしゃべっているだけで“へっ?”、みたいに(驚かれる)」と語っていた。

 トークのテーマが“実は最近ストレスに感じていること”に移ると、沢尻は自分の部屋から下着がなくなると明かし、出演者たちを驚かせた。沢尻は続けて「だんだん減ってきて。あれ? 少ないな」と思ったと話し、直後に「犯人、見つけたんですけど……」とバツが悪そうな表情に。沢尻は「ごめんなさい、犬でした」と犯人は飼い犬だったことを明かしたのだが、さんまから「かわいい話やな、そんなキャラクターじゃないで!」とツッコミが入り、泥棒を捕まえてボコボコにするようなキャラだと言われていた。

 続いて、“私が出会った無神経な人”というトークテーマでは、沢尻は「私のこと好きなのか分かんないですけど」とし、以前にドラマで共演した子役の男の子が、自分の股間をめがけて飛びついてきて、「お尻とかすごい触られて」「怒れないし、どうしよう(と思った)」などと告白。さんまは沢尻に、そんな相手に対しては、ひざ蹴りするようなキャラでいるべきだ、と注文をつけていた。

「すっかり丸くなった印象のある沢尻エリカですが、番組の後半では、SNSでの自分へ向けられた批判的な書き込みに対し、“なんとも思わない”“おまえが死ねよ”と過激な発言をして、さんまを喜ばせていました。沢尻ならではのサービスなのかもしれませんが、やっぱり沢尻はこうじゃなくっちゃ、と思った人も多いみたいですね」(芸能ライター)――“エリカ様”は健在!?

沢尻エリカ「お尻を触られた」共演者のボディタッチに困惑

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.