日刊大衆TOP 芸能

矢口真里にベッキー、不祥事タレントが語った「謹慎中」の過ごし方

空いた時間で1万円
http://mtoku.jp
簡単お小遣い稼ぎ!AmazonギフトやiTunesギフト等にも交換できるよ☆[AD]

矢口真里にベッキー、不祥事タレントが語った「謹慎中」の過ごし方

 未成年との交際や薬物所持、飲酒運転、交通事故などスキャンダルが相次いでいる芸能界。不祥事を起こしたタレントはその多くが活動を自粛し、謹慎生活を送るわけなのだが、その過ごし方はいろいろとあるようだ。

 まず初めに紹介するのが、昨年12月に起こした当て逃げ事故により、3月30日まで謹慎していたNON STYLEの井上裕介(37)。4月15日放送の『エゴサーチTV』(Abema TV)に出演した井上によると、インターネット上に流れた“謹慎中に女友達を自宅に連れ込んでいる”という噂は事実ではなく、約4か月の謹慎中は部屋の窓やカーテンを一切開けず、家から一歩も出ない引きこもり状態だったそうだ。そのため、マンション1階のゴミ捨て場から空を見ることが唯一の救いだったという。

 謹慎といえば、“ゲス不倫”問題で約1年間、活動を休止していたタレントのベッキー(33)も最初の約4か月ほどは、実家にこもっていたことを明かしている。ベッキーは謹慎中、自身の誕生日を小声で祝うほど人目を忍ぶ生活を送る一方で、料理や掃除の基本を学ぶなど、かつては忙しくてできなかったことにチャレンジしていたようだ。そんなベッキーにタレントのヒロミ(52)やカンニング竹山(46)、ハリセンボンの近藤春菜(34)らがエールを送る中、特に心の支えとなったのが、アメリカのロサンゼルスで暮らしている妹のジェシカ・レイボーン(32)の存在だった。毎日のようにテレビ電話で話し、長いときは約3時間も電話をつないだままにして、ベッキーの寂しさを紛らわせてくれたというから、まさに“血は水よりも濃い”といったところか。

 元「モーニング娘。」のメンバーでタレントの矢口真里(34)も不倫が原因で、約1年半にわたり、謹慎生活を送っている。騒動の間、ずっと家に引きこもっていたという矢口は、外の空気を少しでも味わおうと、風景を題材にしたパズルを10枚以上作り上げていたそうだ。その他にも、暇つぶしとして、塗り絵やアクセサリー作りなどを始め、中でも特にハマったという陶芸は、プロ級の腕前になったというから驚かされる。

 スキャンダルに泣きながらも、謹慎中を前向きに過ごし、見事に返り咲きを果たすタレントたち。酸いも甘いも噛み分けたからこそ、その魅力に磨きがかかるのかもしれない。

矢口真里にベッキー、不祥事タレントが語った「謹慎中」の過ごし方

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • アプリやゲームでポイントを貯めてiTunesギフトに交換[AD]

大衆のオススメ


  • アプリやゲーム利用でポイントを貯めてi…

オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.