日刊大衆TOP 芸能

『警視庁・捜査一課長』最終話、鈴木奈々の演技に酷評の嵐!?

『警視庁・捜査一課長』最終話、鈴木奈々の演技に酷評の嵐!?

 6月22日に放送されたドラマ『警視庁・捜査一課長 シーズン2』(テレビ朝日系)最終話に、タレントの鈴木奈々(28)が出演。ミステリードラマに初挑戦の鈴木だったが、彼女の演技は視聴者に大きな衝撃を与えたようだ。

 主人公を演じる内藤剛志(62)をはじめ、シーズン2から加入した田中圭(32)など、実力派俳優たちの演技が光るこのドラマ。警視庁の花形部署“捜査一課”の面々が難事件に挑んでいくというストーリーで、目の肥えたミステリーファンを楽しませてきた。

 最終話で、鈴木奈々が演じたのは遺体の発見者という役どころ。愛犬を連れて河川敷を散歩していると、偶然遺体を発見し「ギャー!」と悲鳴を上げて尻もち。さらにその後、遺体発見時の様子を警察に証言する場面では、「最初に見つけてくれたのはラブちゃん(愛犬)です」「ねえ! すごくないですか!? すごくないですか!?」とセリフも交えて演技を披露した。

 ふだん鈴木がバラエティ番組で見せるような、明るいキャラクターの演技だったが、これが視聴者には不評だったようだ。放送後のSNSには「あまりにもヘタ」「棒演技のせいでめっちゃ浮いてる」「とてつもない棒演技を見た」「セリフが絶望的すぎる」「この俳優陣の中、鈴木奈々を出すのは残酷」と、ネットには厳しい感想が目立っていた。

「鈴木は今回がドラマ初挑戦というわけでなく、昨年には滝沢秀明(35)主演ドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)にチョイ役で出演しています。そのときも演技のひどさが話題になったんですが、今回もあまり進歩はなかったようですね」(テレビ誌ライター)

 2時間スペシャルとして放送された『警視庁・捜査一課長 シーズン2』最終話は、平均視聴率13.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好成績をマーク。鈴木奈々の演技の影響はなかったのが幸い!?

『警視庁・捜査一課長』最終話、鈴木奈々の演技に酷評の嵐!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.