日刊大衆TOP 芸能

TOKIO松岡昌宏「キュンキュンくる」篠原涼子の魅力にデレデレ

TOKIO松岡昌宏「キュンキュンくる」篠原涼子の魅力にデレデレ

 10月18日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、女優の篠原涼子(44)が出演。その大人の魅力で、TOKIOの松岡昌宏(40)をメロメロにさせる場面が見られた。

 番組には、二児の母親でもある篠原がゲストとして登場し、松岡や国分太一(43)らTOKIOのメンバーと、自身の家庭生活などについてトークを展開。まず番組冒頭で、自分の名前を“しな原”と言い間違えた篠原が「しな原って言っちゃった」と照れると、それを近くで見ていた松岡は「も~ダメだ。キュンキュンくるわ」と早くも篠原にゾッコンの様子だった。

 その後のトークでも、松岡のメロメロな状態はとどまるところを知らず、昨年のハロウィーンで篠原が着用したという魔女風のコスプレ衣装が紹介されると、「かわいい~!」と声を上げたり、篠原がふだん口ずさんでいる自作の歌を披露したときには、立ち上がって一緒に歌いだしたりするなど松岡は終始、テンションが高い状態だった。

 続いて、毎朝6時に起きて子どもたちの弁当を作っているという篠原が、弁当の盛りつけにチャレンジ。ウインナーなどを手際よく弁当に盛りつける様子を目にした松岡は「篠原さんの子どもに生まれ変わりてぇ!」と思わず絶叫し、スタジオの笑いを誘った。

 そんな篠原は、女優の井川遥(41)とママ友で、子ども同士が同じ幼稚園に通っているのだとか。そして井川を含む“ママ友”同士で情報交換をしているという篠原が「幼稚園では(井川と)必ず会うので、そういうときに話をしたりしますね」と明かしたところ、松岡はそれがよっぽど羨ましかったのか、「今からじゃ、間に合わねぇ」とポツリ。国分が「何が?」と尋ねると、松岡は「俺、そこの幼稚園入れねぇ」と答え、篠原を苦笑いさせていた。

「もともとアイドルだった篠原ですが、ドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)への出演などで有名女優としての地位を獲得し、現在は俳優の市村正親(68)との間に授かった2人の子どもを育てながら活躍しています。女優、妻、母親とすべてを完璧にこなしているように見えますが、篠原にはアイドル時代と変わらないかわいさが、ちゃんと残っているんですよね。松岡もそんなところにひかれるのかもしれません」(芸能誌記者)――こんなお母さんがいれば……。

TOKIO松岡昌宏「キュンキュンくる」篠原涼子の魅力にデレデレ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.