日刊大衆TOP 芸能

ナイナイ岡村隆史、明石家さんまからの「めちゃイケ終了」ねぎらいに感激

ナイナイ岡村隆史、明石家さんまからの「めちゃイケ終了」ねぎらいに感激

 11月9日深夜放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、岡村隆史(47)が明石家さんま(62)とのエピソードを披露。多くのリスナーを感動させたようだ。

 この日、岡村は番組冒頭から、来年3月での終了が発表されたバラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)についてトーク。番組が21年続いたことに「『ひょうきん族』は8年ですからね。『ごっつええ感じ』は6年。『元気が出るテレビ』で11年。『ドリフ』でたぶん16年ぐらい。そう考えると21年って、すごい長いことやらしてもらえました」と、あらためて『めちゃイケ』の歴史の長さを噛みしめた。

 さらに岡村は、『めちゃイケ』終了に際して、明石家さんまから言葉をかけられたことを告白。以前からさんまは「土曜8時は俺の枠やから、いつでも返せよ」と岡村に冗談めかして語っていたという。岡村が『めちゃイケ』終了を「(土曜8時の枠)お返しすることになりました」と報告すると、さんまは「21年よう頑張った。大したもんや」と、初めて岡村を褒めたそうだ。このさんまの言葉は、岡村も相当うれしかったようで「(これまで)ダメ出ししかされたことないんですけどね」と喜んでいた。

 そんな岡村とさんまのエピソードに、感激するリスナーが続出。ネットには「21年も頑張った後輩だもん、褒めたくもなるよ」「さんまさんに褒められて良かったね!」「お疲れ様&おめでとう! 師匠にようやく認められたんだな」「これは良い話。感動した」と、祝福のコメントが多数上がっていた。

「10月の同番組で岡村は、いつも怒られるさんまに対して、“ムチばっかりなんで、たまにはアメくださいよ”と訴えたところ、“なに言うとんねん、ムチ舐めとけ”と返されたエピソードを明かしていました。ずっと岡村は、さんまから褒められたかったのでしょうね」(お笑いライター)――めったに芸人を褒めないさんまの言葉だけに価値がある。

ナイナイ岡村隆史、明石家さんまからの「めちゃイケ終了」ねぎらいに感激

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.