日刊大衆TOP 芸能

「世界のキタノ」に挑戦状!? 『全員死刑』小林勇貴監督直撃インタビュー

[週刊大衆2017年11月27日号]

「世界のキタノ」に挑戦状!? 『全員死刑』小林勇貴監督直撃インタビュー

もっと画像を見る

「前作がすごい好きだったんで、『アウトレイジ 最終章』も、もちろん観ましたけど、俺ん中ではちょっと合わなかったですね。なんて言うか哀しくもなければ、怖さもない。もともとの期待値が高かったぶん、余計にそう感じてしまったんです」 そう言って、「世界のキタノ」に噛みついてみせたのは、現在公開中の映画『全員死刑』で待望の商業映画デビューを飾った若き奇才、小林勇貴監督だ。

■昨年の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」でGP!

 静岡・富士宮育ちの27歳。地元で鳴らす“現役”の不良たちと製作費5万円で撮りあげた『孤高の遠吠』で、昨年の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」のグランプリをかっさらった、目下、最旬の“ヤバいやつ”と言っていい。「俺自身はこれまでの、暴力映画を更新していく、新しいものを作っていくっていう気概で今回の映画も撮ったんで、その部分に決定的な違いを感じちゃったんですよね。しかも、全体的にフォーカスが合ってるカットもやけに少なくて……。言ってみれば、暴力のピントだけじゃなくカメラのピントもどこかズレてる。巨匠に向かって畏れ多いですけど、それが、俺の率直な感想です」

 こうした歯に衣着せない毒づきと、これまでの作風。そして、いつでもどこでもカメラに向かってガンを飛ばすその分かりやすい風貌をみれば、「若造が粋がって」と眉をひそめる読者もいるに違いない。だが、こと映画に関しては驚くほどストイック。今般の商業デビューは、古今東西の名作群を浴びるほど観て、関連書籍をむさぼり読み、気になった箇所は自分の手で事細かくノートに取る――という地道な作業を積み重ねて彼自身が独学で身につけた実践的な方法論、映画術の賜物でもあるのである。

「実際、刺激中毒なのは否定しませんけど、目指すところはあくまで職人。ただ単に不良と一緒に撮った映画で注目されたってだけで、“それが自分の武器だ”みたいな気持ちは俺には一切ないんです。何かに偏るんじゃなく、来た仕事はなんでも受けて、“あいつのフィルターを通したらどんなものでもエンターテインメントになるよな”と思ってもらう。それこそが自分の理想とする監督の仕事でもあるんです」

■インディーズにはなかった制約も…

 もっとも、出資者のいる商業映画の現場には、インディーズにはなかった制約も数多ある。「刺激中毒」を自認する彼のような存在には、これまでできたことが「できない」ということが、ある種の“枷”となってしまうような気がしなくもない。そこに窮屈さは果たしてないか。そんなこちらの素朴な疑問に「逆にそれがたまらない」と即座に応じた若き奇才は、こう続ける。

「まず手段を考えて、そのために必要な手順を踏む。それはどんな環境でも同じこと。俺は何も“準備”を否定したくてガムシャラにやってたわけじゃないんです。しかも、商業映画になれば、腕利きの職人たちが“もっといい映画にしよう”と団結してくれるわけですから、これほど刺激的なことはない。“一度やらせた以上、俺はもうやめないからね!”って心底思いましたよ(笑)」

■凄惨な事件を題材にした作品に賛否両論

 今作は、現実に起こった凄惨な事件を題材にした作品でもあるだけに、賛否両論は当然ある。彼のもとにも、苦情がしばしば届くという。しかし、普通なら日和ってしまうそんな声をも一笑にふしてしまえるのが“ヤバいやつ”であるゆえん。彼自身は、受け手の読解力の乏しさを指摘しつつ、こうも話す。

「俺が描きたかったのは“家族”という大義名分に振り回された男の悲喜劇。そういう“何か”を宿してしまったがために意志とは無関係に暴走せざるをえなくなるっていう経験や危機感は、誰もが少なからず持ってるものだと思うんです。にもかかわらず、ほとんどの人は、この映画を事件の真相を描いたものだと思いこんで“不謹慎だ”と怒ってくる。事件そのものが“真相はまだ不明”って扱いを受けてることは調べりゃすぐ分かることだし、鈴木智彦さんの原作にしたって矛盾点もわりと出てくる、ひとつの視点でしかないんですけどね」

 9月にフランス・パリで開催されたエトランジェ映画祭でも、熱狂をもって迎えられた『全員死刑』。「若いやつがみなさんを物理的に殺しに来たと思ってほしい」とうそぶく男の前途から目が離せない。

取材・文/鈴木長月

小林勇貴(こばやし・ゆうき)
1990年生まれ、静岡県出身。映画監督。業界関係者を唸らせた快作『孤高の遠吠』を筆頭とする数本の自主映画を経て、『全員死刑』で商業映画デビュー。自叙伝『実録・不良映画術』(洋泉社)を近日上梓予定。『全員死刑』は現在全国で公開中。

「世界のキタノ」に挑戦状!? 『全員死刑』小林勇貴監督直撃インタビュー

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.