日刊大衆TOP 芸能

東出昌大「ガラケーに機種変更」で、好感度がアップ!?

東出昌大「ガラケーに機種変更」で、好感度がアップ!?

 11月15日放送の情報番組『PON!』(日本テレビ系)に、俳優の東出昌大(29)が出演。ガラケーユーザーになったことを明かし、視聴者の共感を呼んでいるようだ。

 この日の番組で、東出は、お笑い芸人の永野(43)の「永野におシェーて~!」のコーナーにVTR出演。東出が主演を務めた映画『デスノート Light up the NEW world』にちなんだトークを展開した。その中で「出演者でデスノートを使いそうな人は?」と聞かれると、東出は「たぶん僕です」と告白。同映画で共演した池松壮亮(27)や菅田将暉(24)にも「東出さんが一番危ない」と言われたことを明かした。

 その後、永野から「テレビ初告白(の情報を)お願いします」と話を振られた東出は、「最近、携帯をスマホからガラケーにしたんです」「メールが届かないので、東出に連絡する人は電話ください」と発言。ガラケーに変えた理由については、「スマホ、おっくうだなと思っちゃって……」と語っていた。

 そんな東出の“ガラケー発言”に、好感を抱く視聴者が続出。ネットには「古風な感じが良い!」「東出のこの昭和感がツボ」「ほんとにガラケーでいいなって思ってそうで好感持てる」と、東出の人柄への好意的なコメントが多く上がっていた。

 また、「やっぱりガラケーだよね」「有名人の方々、ガラケーにしたらどんどん公表してください! みんな戻ってきて!」「同感。スマホにする理由なんかない」「僕も一昨年、スマホからガラケーに戻して、ネットはタブレットにしてる」など、ガラケー派からの共感コメントも多数あった。

「今年3月の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)では、“LOVEガラケー芸人”が放送され、ココリコの遠藤章造(46)、サンドウィッチマン、ブラックマヨネーズの小杉竜一(44)、ケンドーコバヤシ(45)らが出演し、“ガラケー愛”を語りました。また、出川哲朗(53)や羽鳥慎一アナウンサー(46)もガラケーを使用していることで知られていますし、意外に芸能界ではガラケーを好んで使う人が少なくないようですね」(芸能誌ライター)――シンプルイズベスト!

東出昌大「ガラケーに機種変更」で、好感度がアップ!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.