日刊大衆TOP 芸能

misono「結婚式を7回したのは、“恩返し”のため」麻美ゆまのあなたに会いたい

[週刊大衆2017年12月11日号]

misono「結婚式を7回したのは、“恩返し”のため」麻美ゆまのあなたに会いたい

もっと画像を見る

 今週の“あなたに会いたい”は、歌手のmisonoさんとドラマーのNosukeさんです。以前からmisonoちゃんと私はお友達で、今年の夏から秋にかけて、挙げられた結婚式にもご招待いただいたんですが、この2人、めちゃくちゃ面白いんです!

■7回目の結婚式に招待され…

misono「今日はmisoNosukeに仕事をくれて、ありがとう! めっちゃ、うれしい~」

ゆま「こちらこそ。Nosukeさんも来ていただいて、ありがとうございます」

Nosuke「いえいえ、ありがとうございます」

ゆま「ウフフ。お二人とは、ずっと前から知り合いみたいな感じだけど、実は出会ったのは今年なんです」

misono「そうだよね。共通の友達のAZU(歌手)の紹介で、ゆまと出会ったんだよね。うちは一目見たときから“この子とは絶対、仲良くなれる!”と思ったからね」

ゆま「うれしい! 結婚式にも呼んでもらって、あれは本当に楽しかったです」

misono「良かった。ゆまが来てくれたのは、7回目の式だったよね?」

ゆま「そう(笑)。7回目の結婚式と言ったら、読者の方に誤解されそうだから少し説明させてもらうと、misonoちゃんとNosukeさんは3日間で7回、結婚式をしたんですよね」

misono「この話、芸能ニュースでも取り上げられれたけど、勘違いしてる人ばっかりで。“misonoは、ご祝儀目当てなんじゃない!?”かとか(笑)」

ゆま「そもそも、出席者は、ご祝儀を持って来たらダメって話でしたもんね」

misono「そう。ご祝儀も正装もNGで。全部の式で会費も0円にしたし。今までお世話になった人たちに“恩返し”をしたくて、7回に分けたんです」

ゆま「7回の結婚式は出席者も毎回違えば、内容も変えていたんでしょ」

misono「そう。基本的には1人1か所で、1回の結婚式に呼ぶのは100人。100人ぐらいなら、一人一人にちゃんとお礼ができるかなって」

ゆま「そのために7回に分けたんだ?」

misono「そう。さらに後日、お返しも渡してるから。めっちゃ、お金かかって、節約しまくり~」

■misonoが登場するなり激怒!

ゆま「だよね。その結婚式が、めっちゃ面白かった。流しそうめんはあるし、misonoちゃんは登場するなり激怒してるし……」

misono「アハハ。だって、“写真撮影もNG”と前もって言ってあったのに、スタートしたらすぐに、スマホで写真を撮ろうとしていた人がいたんやもん。“そこ、あかんで!”って(笑)」

ゆま「一般の方もいれば、芸能人の方もいたもんね」

misono「大御所の方や、芸能人の方のお子さんもいらっしゃったので。皆さんの写真が勝手に出回ったりしたら、迷惑がかかってしまうから。写真はプロのカメラマンの方が撮ったものを、あとで全員に配るから、個人的な撮影は遠慮してもらったの」

ゆま「うん。でも、和装の花嫁衣裳で登場したとたん、キレてるmisonoちゃんが面白かった。式の間もしょっちゅう、Nosukeさんにキレてたし(笑)」

Nosuke「(おにぎりを食べながら)はむはむ、その話、します?」

ゆま「アハハ、食べてる」

misono「ちょっと、なんで、おにぎり食べてるん!? 今、仕事中やで!」

ゆま「いいんです、いいんです。自由にしてください」

misono「ほんま、ゴメンね~」

■カビキラーで掃除したら洗い流さずに…

ゆま「結婚式でも2人のやりとりが本当におかしくて。いつも、あんな感じなの?」

Nosuke「毎日、怒られています」

ゆま「どういうことで?」

Nosuke「まあ、昨日で言ったら、俺はお風呂を掃除しようと思って、カビキラーもしておいたんです。でも、カビキラーを洗い流すことを忘れて、そのまま出かけてしまって。そのことにブチ切れられました」

misono「ちょ、ちょっと待ってや。それだと、うちがまたバッシングされるやろ。良かれと思って風呂掃除をしてくれたのはいいんだよ。カビキラーを洗い流すことを忘れたのもまあ仕方ない。でも、アンタはそのまま風呂に入ったやろ」

ゆま「浸かっちゃったの?」

misono「そう。うちは何も知らないまま、お湯を入れて、Nosukeが入っちゃったの。絶対、肌にもよくないやろ」

ゆま「うんうん」

Nosuke「別に気にならないっすよ」

ゆま「ええ!?」

misono「ね! ゆま、分かるやろ。女性からしたら、ありえないやろ。しかも、ウチが“カビキラーした?”と聞くまで、ずっと黙っていたの」

ゆま「それはアカンわ~」

Nosuke「忘れていただけだよ~」

●犬がゲージの外でうんちしても怒られる

ゆま「他には、どんなことで怒られるんですか?」

Nosuke「うちで飼っている犬が、ゲージの外でウンコすると、俺が怒られますね」

ゆま「ええ!? それはmisonoちゃんがひどい」

misono「ちょっと待ちぃや。もともと、うちの犬は私が12年近く飼っていて、すごくお利口で、ゲージの外でウンコなんかしなかったの。それがNosukeと同棲し始めてから、平気で廊下でもするようになって。間違いなく、うちが家にいないとき、犬を甘やかしているんですよ」

Nosuke「だって、犬は日本語が通用しないから、怒っても分からないよ」

misono「はあ!?」

Nosuke「それに犬より俺のほうが強いから廊下でウンコしたからって怒るのは弱い者イジメでしょ」

misono「はああ!?」

Nosuke「でもね、犬がゲージの外でウンコするたび、俺は犬に向かって、“お前のせいで怒られているんだぞ”と訴えてるよ」

ゆま「アハハ。おかしい」

misono「笑いごとじゃないよ~!」(次号につづく)

misono(みその)
1984年10月13日、京都府出身。02年夏に『day after tomorrow』としてデビュー。06年3月にソロデビュー。09年には姉の倖田來未とともに紅白歌合戦に出場する。音楽活動と並行し、女優業とタレント活動も行い、バラエティ番組でブレイク。最近では、モノマネ番組にも出演している。今年7月16日と9月13日に、山田親太朗がボーカルを務めるロックバンド『HighsidE』のドラム・Nosukeと結婚式を挙げた。

麻美ゆま(あさみ・ゆま)
1987年生まれ、群馬県出身。セクシーユニット『恵比寿マスカッツ』のメンバーとしても活躍。現在はタレントとして活動。待望の初のミニアルバム「SCAR Light EP」(ポニーキャニオン)は絶賛発売中!

misono「結婚式を7回したのは、“恩返し”のため」麻美ゆまのあなたに会いたい

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.