日刊大衆TOP 芸能

高橋真麻、“麻婆豆腐のはしご”で体重が危険水域に!?

高橋真麻、“麻婆豆腐のはしご”で体重が危険水域に!?

 11月28日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に、俳優の高橋英樹(73)と娘でフリーの高橋真麻アナウンサー(36)が出演。英樹が真麻アナの乱れた私生活に苦言を呈した。

 この日は、英樹と真麻アナがゲストとして登場し、総勢50人以上の“ガヤ芸人”たちとさまざまなトークを展開。その中で、フットボールアワーの後藤輝基(43)が真麻アナの情報を求めたところ、お笑い芸人のみのるチャチャチャ♪(36)が「最近の真麻さんのパリピっぷりを教えます!」と手を挙げ、今年5月、ある社長のパーティに参加した際、居合わせた真麻アナの様子について語り始めた。

 みのるによると、真麻アナは体のラインがくっきり出たタイトな服を身にまとい、パーティで踊りまくっていたという。その話に英樹が眉をひそめる中、みのるチャチャチャ♪はさらに、真麻アナには酒を飲む際、いつもやる“お酒コール”があると明かした。そして真麻アナは、英樹の前でそのパフォーマンスを披露することに。

「あなたのこと好きだけど……私、女子アナだから。よろしくー! ヤッホー! 飲んで、飲んで、飲んで、飲んで! ヤ、ヤ、ヤッホー! グイグイ、よし来い! あ、あ、あ、ありえない」と言いながら踊ると、その様子を見ていた英樹は「おまえ、何やってんだよ」とあきれ返っていた。

■異様な食生活に高橋英樹もあきれ顔

 続いて、探偵事務所を経営しているオオカミ少年の片岡正徳(39)が、仕事終わりの真麻アナを尾行したことを明かし、そのVTRがスタジオで紹介された。タクシーで赤坂の麻婆豆腐店に向かった真麻アナは一人で店に入り、生ビールや麻婆豆腐、エビチリなどを食べると、それだけでは満足しなかったのか再びタクシーに乗り込み、五反田の中華料理店へ向かった。

 そこで真麻アナは、またも麻婆豆腐とビールを注文して、店主と日本シリーズの試合経過について会話をしたり、テイッシュで鼻をほじったりするなど女子アナらしからぬふるまいを見せ、スタジオの共演者を驚かせた。その後、店を出た真麻アナはコンビニに立ち寄り、大量の缶ビールや缶チューハイなどを購入。英樹は娘のとんでもない食生活に「笑っちゃうね」と、あきれるのを通り越して、大爆笑していた。

「真麻アナは、女子アナ界きっての大食漢として知られており、ブログはいつもおいしそうな料理の写真であふれています。それだけ食べれば太るのも当然で、11月7日にブログで14.5キロ太ったと書いていました。結婚も間近のようですが、ちょっと心配ですね」(芸能誌記者)――まさかマリッジブルーで食べ過ぎ!?

高橋真麻、“麻婆豆腐のはしご”で体重が危険水域に!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.