日刊大衆TOP 芸能

石原裕次郎は12月28日生まれ!「著名人の誕生日」雑学クイズ

[週刊大衆2018年01月01日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

石原裕次郎は12月28日生まれ!「著名人の誕生日」雑学クイズ

 今回のテーマは「著名人の誕生日」です。誕生日は、元日から大みそかの間に、誰にでも1回、平等に巡ってきます。それは世界的なアスリートでも、どんな大物スターでも同じです。(文中敬称略)

【Q1】昭和64年生まれの大物アスリートは?

 昭和天皇の崩御は、1989(昭和64)年1月7日のことです。そして、翌日から平成元年が始まっています。つまり、昭和64年は、わずか7日間しかありませんでした。昭和64年の日本に生まれた人というのはかなり珍しい存在ですが、それでも、そのなかから何人かの著名人が輩出しています。たとえば、元AKB48、元NMB48のメンバーでタレントの梅田彩佳はその一人です(1月3日生まれ)。これまでに300人以上が在籍したAKB48グループ史上、昭和64年生まれは彼女だけでした。

 また、ボクシングの元WBA世界フライ級、元IBF世界スーパーフライ級王者の亀田大毅は、昭和64年1月6日生まれです。つまり、亀田大毅は昭和生まれでは最年少の世界チャンピオンということになります。実は他にも、昭和64年生まれの有名アスリートがいます。しかも、現在も国際的に活躍する超一流の選手です。さて、それは次の誰?
(1)プロサッカー選手の香川真司(ドルトムント)
(2)体操選手の内村航平(ロンドン五輪・リオ五輪金メダリスト)
(3)プロ野球選手の前田健太(ドジャーズ)

【Q2】石原裕次郎と誕生日が同じ人物は?

 12月28日は石原裕次郎の誕生日です。1934(昭和9)年に生まれたこの不世出のスーパースターは、1987(昭和62)年に52歳で亡くなっています。もし、今も生きていたら、今年で83歳。どんな役者になっていたでしょう。

 12月28日生まれの著名人には、他にプロレスラーの藤波辰爾、歌手のトータス松本、キャスターの雨宮塔子、女優の寺島しのぶなどがいます。実はもうひとり、裕次郎に極めて近い存在のある人物が、たまたま同じ日に生まれています。裕次郎の生前は、毎年、12月28日にダブルの誕生パーティが盛大に行われていたのだとか。さて、それは次の誰?
(1)実兄の石原慎太郎
(2)盟友の渡哲也
(3)夫人の北原三枝

【Q3】誕生日が命日でもある歴史上の人物は?

 人間は誰しもいつかは死にます。そして、その日が、たまたま自分の誕生日である可能性もあるのです。誕生日と命日が同じ日であることを「生没同日」といいます。

 落語家の6代目三遊亭圓生は、79歳の誕生日である1979(昭和54)年9月3日に、舞台で小噺を披露した直後に心筋梗塞を発症。その日のうちに亡くなっています。他にも、映画監督の小津安二郎、俳優の船越英二、阿藤快、『カサブランカ』で知られる女優のイングリッド・バーグマンらが、「生没同日」の著名人です。また、誕生日に殺された歴史上の人物もいます。さて、それは次の誰?
(1)織田信長
(2)坂本龍馬
(3)大久保利通


答えはココを押す! ●A答え 出題/小泉珍事郎
Q1=2【解説】スポーツ界では他に、女子プロレスラーの大畠美咲、04年に米国のハイスクールを経て15歳で阪神にドラフト指名された辻本賢人(09年退団)も昭和64年生まれ。なお、同年生まれのNPB在籍経験者は辻本だけです。
Q2=2【解説】渡哲也は1941(昭和16)年生まれで裕次郎の7歳年下ですが、2人の誕生日が同じなのはまったく偶然です。
Q3=2【解説】龍馬は、天保6年11月15日に生まれ、近江屋事件で暗殺されたのは、1867(慶応3)年の同日(いずれも旧暦)でした。新暦では誕生日は1月3日、命日は12月10日となります。

石原裕次郎は12月28日生まれ!「著名人の誕生日」雑学クイズ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.