日刊大衆TOP 芸能

鈴木奈々、山本リンダへの号泣謝罪に批判殺到!「こういう女、嫌だ」

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

鈴木奈々、山本リンダへの号泣謝罪に批判殺到!「こういう女、嫌だ」

 12月21日放送の『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)に、タレントの鈴木奈々(29)が出演。鈴木が歌手の山本リンダ(66)に謝罪に行く様子が放送されたが、その内容に視聴者から批判の声が上がっている。

 この日の放送で鈴木は、大先輩の山本がくれた留守番電話を1年3か月も無視していることを告白。その件を直接謝罪するため、コンサート中の山本の控え室を訪れることに。

 控え室に入った鈴木は緊張の面持ちで「お久しぶりです、鈴木奈々です」とあいさつ。「今ライブの合間ですよね。本当にすみません」と頭を下げた鈴木は、山本の前で突然泣き始める。これにはスタジオで見ていたヒロミ(52)も「ダメだよ、ここで謝らないと」と苦言。

 その後、山本が「どうした?」と優しく声をかけると、ようやく鈴木は「謝りたくて今日来ました」「日がたつにつれて、もっと連絡することができなくなってしまって」「本当にごめんなさい」と謝罪した。

 この鈴木の言葉を聞いた山本は、「とんでもない、大丈夫だよ。奈々ちゃん」「何か分かんないけど、すごい思い詰めててくれて、逆にこっちのほうが感動しちゃうよ」と笑顔。さらに山本は「怒んないよ~、今度ゆっくりごはん行くってことでね」とあっさり許していた。

 このVTR後、鈴木は「これを機に(山本と)めっちゃマブダチになりました!」と報告。ヒロミが「ごはんとか行ってるの?」と質問すると、鈴木は「まだ……全部、断っちゃってて」と相変わらずの“塩対応”ぶりを明かし、スタジオは大ウケだった。

 そんな鈴木の号泣謝罪に、視聴者は大ブーイング。ネットには「自分が悪いのにどうして自分が泣くの? 女の嫌な部分見た感じ、こういう女嫌だ」「すぐ泣く女はズルいと思う。泣いたらいいと思ってるよね、絶対」「こんな泣き方されたら怒るに怒れないし、相手が山本さんじゃなかったら許してもらえてないと思う」と、鈴木に対する厳しいコメントが続出していた。

「山本リンダの留守電は無視した鈴木ですが、自分の夫には猛烈な電話攻撃をしているようです。鈴木が10月放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した際、夫からのタレコミで“2分間で18回もLINE通話をかけてくる”ことが明らかになりました。相手によって露骨に態度を変えるのは、あまりイメージが良くないかもしれませんね」(芸能誌ライター)――山本リンダが寛大な人で助かった!?

鈴木奈々、山本リンダへの号泣謝罪に批判殺到!「こういう女、嫌だ」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.