日刊大衆TOP 芸能

ライダー俳優・椿隆之、顔面殴打事件の真相を告白

ライダー俳優・椿隆之、顔面殴打事件の真相を告白

 2月2日放送の『爆報!THEフライデー』(TBS系)に、『仮面ライダー剣(ブレイド)』(テレビ朝日系)で主役を務めた俳優の椿隆之(35)が出演。通行トラブルに巻き込まれて顔面に大ケガを負った後、引きこもり生活になっていたことを告白した。

 この日は椿がVTRで登場し、事件のいきさつや事件後の生活について語った。番組の説明によると、2016年11月、歩行者優先の道路を歩いていた椿がバイクと接触しそうになり、運転していた男と口論に。その後、連絡を受けて駆けつけた男の弟からゴルフグラフで殴打され、左頬と上顎を粉砕骨折するなど、大ケガを負ってしまった。椿は病院で手術を受けた後、パンパンにふくれ上がった顔を見て、「もう終わったな」と絶望したそうだ。

 その後、傷ついた自身の顔を誰にも見られたくなかった椿は、自宅に引きこもるようになり、どうしても外出しなければならないときには、マスクと帽子を欠かさず着用するようになったのだとか。だが、「正義のヒーローが悪者に人生壊される結末なんてあってはいけない」と感じた椿は、俳優への復帰を決意。これまで合計3回にわたる顔の修復手術を受けたことを明かした。まだ左目の下に傷は残るが、「見てくださっている方のヒーローであり続けたいっていうものは根本にありますし、できるだけ僕は前を向いて歩きたい」と、カメラの前でマスクを外して語る椿の表情は、希望に満ちていた。

 VTRが終わり、爆笑問題の田中裕二(53)が「誰しもが、いつ巻き込まれるか分からないですからね」と感想を述べると、ゲスト出演していたタレントの中山エミリ(39)は「自分に非がないところでああいうふうに巻き込まれてしまうと、気をつけようもない」と田中の意見に同意。また、タレントで演出家のテリー伊藤(68)も「彼を応援しましょうね。手術をあと2度ぐらいすると、ドーランを塗れば(傷は)まったく分からなくなる」と椿に励ましのメッセージを送っていた。

「放送後、椿のブログにはたくさんの応援メッセージが寄せられ、椿も“自分より、もっと苦しんでいる被害者の方々が沢山が、います。何が出来るかは分かりませんが、僕なりに頑張っていきます!”(原文ママ)と、前向きな言葉をつづっていました。早く復活して、ファンを安心させてほしいですね」(芸能誌記者)――待ってます!

ライダー俳優・椿隆之、顔面殴打事件の真相を告白

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.