日刊大衆TOP 社会

【歴史ミステリー】織田信長は実はマザコンだった

『魔王』と恐れられ、秀吉も家康もビビりまくったあの織田信長だが、じつはマザコン男だったということが、心理学的にもみてとれる。

弟に向けられた母の愛情

織田信長の母・土田御前の愛情は、賢そうで品行方正な弟の信行にばかりに向けられた。なにしろ、信長の方は奇抜な装束で遊び歩く、今でいうところの非行少年。対する弟の信行は、品行方正を絵に描いたような少年で、親の言いつけに背いたこともないと言い伝えられている。

しかし、この兄弟がこのように育ったのには、はっきりとした理由がある。信長の少年時代、父の織田信秀はまだまだ尾張では戦国大名としての地位を築けてはいなかった。尾張下四郡に勢力を伸ばしていたが、立場としては織田本家の重臣でしかなかった。それが信長が成長する時期に独立大名への道をたどり、天文17年(1548)には末森城を築いて本拠とした。信長、15歳の時である。

この時、信秀は従来の居城である那古野城(現在の名古屋城)には信長を置き、末森城には弟の信行を移り住ませた。自身も正室である土田御前とともに末森城に移り、信長は15歳になっているとはいえ一人で那古野城に残されたことになる。

この時期から父の信秀は信長の実力を認め、嫡子として信秀の跡継ぎとなることを公言していた。このような場合、通常は信長を居城である末森城に起き、信行を那古野城に置くのが通例。しかしそうはならなかったのは、正室の土田御前の意向が大きかった。

信長は、生まれてすぐ乳母に預けられた。当時、大名の嫡男は赤ん坊の時に実母から離され、乳母によって育てられるのが普通だった。しかしそれは、あくまでも乳離れするまでの時期だった。通常は乳離れすると乳母の手から離れ、母によって育てられる。しかし、土田御前の場合、信長を乳母にまかせたまま自身が育てようとはしなかった。

それはなぜか。伝えられるのは、信長は乳を飲んでいる時期から癇癪もちで、乳母の乳の出が悪い時など、その乳首を強く噛んで出血させるなどの、激しい行動が目立った。

いわば、可愛げのない赤ん坊で、そんな信長の行動を見せつけられては、土田御前も目を背けたくなる。結果として、弟の信行ばかりに愛情を注ぐことになった。


母親によって無視された幼児体験が信長を変えた

では、信長を奇行に走らせた要因は何か。それも、やはり土田御前だろう。

幼い頃に母の愛情を受けられなかった子供は、母親から「注目されたい」という深層心理から、突拍子もない行動に走ったり、暴れて周囲に迷惑をかけたりするという。心理学者の分析によれば、母の愛情が強すぎても少な過ぎてもマザコンになってしまうという。

また、信長は政略結婚による濃姫(美濃国主・斎藤道三の娘)以外にも多くの側室や妾がいるが、そのほとんどが年上の女性。吉乃、於鍋の方といった歴史に名が残る側室の多くが、結婚歴ありの後家だったりもする。

幼くして母と離れ離れになった徳川家康の場合も年増の後家好みだったが、やはり、これもマザコン男には顕著な特徴なのだとか。

信長が奇行に走る以前から、土田御前の愛情は弟の信行だけに注がれていた。品行方正な信行を愛していたというよりは、信長とかかわりたくないという心理からの行動である。それでも子は母を慕うもの。信長の奇行も非行も、少しでも母に自分を見て欲しいと願う、マザコン男の悲しい片思いが行動になって表われたものだ。

織田家の当主となった頃には、信長の「大うつけ」もすっかり鳴りを潜める。しかし、母に無視され続けた心の傷は深く、マザコン男の本性はこの後も時々顔をのぞかせた。

裏切り者にはとことん苛烈で残酷なのが信長の特徴だったが、これも、幼年期の愛情不足から引き起こされた感情の暴発。裏切られ、人が自分から離れてゆくことに耐えられず、過剰な行動に出てしまうのだ。

また、信長は意外だが、血族や一族には優しく面倒見は良かったとか。母の愛を得られなかった者が、その疑似対象を求めるのもよくあること。しかし、その疑似対象に裏切られた時は、その報復はさらに過激で恐ろしいものになる。


マザコン男は恐ろしい

一般的には、マザコンは通常は母親に溺愛された結果、男子として自立できない場合に形成されることが多い。明らかに信長の場合はその反対で、母親に溺愛されることなく、無視に近い形で育った事により形成された性格だった。つまりもうひとつのタイプ……母の愛情不足型マザコンの典型だろう。具体的には、以下のようなことだ。

①思い通りにならないと、感情を爆発させる
信長の性格の激しさはつとに有名で、岐阜城時代には、内務をサボッて遊びに出掛けたりした用人を叱りつけ、その場で首を刎ねてしまうことがよくあった。本願寺攻めの時などは、天王寺砦で敵軍に囲まれ、自軍のふがいない戦いぶりに感情を爆発させた信長は、先頭切って単身で敵軍に突入し、家臣を慌てさせた。

②自分が一番だとの意識が強く、自分の意見だけが絶対だと思っている。
信長は家臣の意見には無頓着だった。桶狭間合戦の前には、信長は重臣たちにさんざん戦評定をさせたのだが、結局は誰に相談することもなく出撃をきめ、結果的には見事な奇襲攻撃の大勝利となった。これ以降ほとんどの作戦で、信長は自身の決断だけを優先させていくことになる。

③服装や身の回りのものにこだわり、奇抜な格好をすることも何の不自然もなく受けいれる。
うつけ者といわれた時代の信長の奇抜な装束にその例を見ることができる。以後も南蛮装束を取り入れてみたりと、信長の奇抜な格好は数多い。

④他の人に失敗を指摘されるのを極端に嫌う。
越前に攻め込み、浅井長政の離反によって敗戦した時などは、誰も信長に意見できなかったと伝えられている。

このように見てくると、信長はマザコンの資質を多く持っていたことが理解できる。世にマザコンと呼ばれる男は多いが、歴史に名をなすこともあるのだから、捨てたものではないかもしれない。


史実の裏のおもしろエピソードはまだまだ存在!!
戦国時代の様々な異説に迫る1冊!

『逆説 戦国ミステリー』
双葉社
定価:本体550円 + 税
【詳しくは こちら

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 安倍晋三のクビを狙う「永田町の明智光秀」は誰だ!? 安倍晋三のクビを狙う「永田町の明智光秀」は誰だ!?

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.