ジョージ秋山(じょーじあきやま)

ジョージ秋山

1943年栃木県生まれ。16歳のころから、貸本マンガに作品を発表。上京して森田拳次に師事。66年に『ガイコツくん』(別冊少年マガジン)でデビュー。『アシュラ』(週刊少年マガジン/70年)『銭ゲバ』(週刊少年サンデー/70年)など、多数の作品を発表し、社会的にも大きな話題を呼ぶ。73年から続く長期連載『浮浪雲』(ビッグコミックオリジナル)は、小沢一郎も愛読。その他、『デロリンマン』『ピンクのカーテン』『恋子の毎日』など、膨大な数の作品を残した。2020年5月13日逝去。享年77。