里崎智也(さとざきともや)

1976年、徳島県出身の元プロ野球選手。帝京大学を経て1998年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから指名を受けて入団。正捕手として活躍し、2005年の日本一に貢献。2006年のWBC日本代表にも選出され、大会ベストナインに選ばれるほどの活躍を見せた。2014年に引退し、その後は解説者などで活動している。