8月19日、映画『サバカン SABAKAN』の公開初日舞台あいさつが都内で行われた。 同作は80年代の長崎で生きた少年のひと夏の冒険を描いた「和製スタンド・バイ・ミー」とも呼べる作品だというが、同作に出演した尾野真千子(40)の発言が、ファンをざわつかせたという。 今回のイベントには、金沢知樹監督…