ゴルフボールにはディンプル(えくぼ)と呼ばれる窪みがたくさんついています。その理由は揚力を高め、空気抵抗を減らすためです。要するに、ディンプルがあるから飛距離が伸びて軌道が安定するということ。ディンプルなしのボールだと、プロが打っても10…


本日の新着記事を読む