幕末の俠客、清水次郎長は子どもの頃から手のつけられない悪ガキでした。15歳で家のカネを持ち逃げし、23歳の時には博打のもつれで人を斬って無宿人に。その後、黒駒勝蔵らと血で血を洗う抗争を繰り広げてのし上がり、海道一の大親分と言われるようにな…


本日の新着記事を読む