ヨーロッパの船乗りたちの間で、伝説の巨大海ヘビとして恐れられていたシーサーペント。その正体として定説になっている深海魚、リュウグウノツカイの生きて泳ぐ姿がメキシコで撮影された。撮影場所は浅瀬で、観光客がカヤックを楽しんでいたところ悠々と泳…


本日の新着記事を読む