「マゴの手」といえば、かゆい背中をかく道具です。かゆいところに手が届かないのは人類共通の悩みのようで、同じようなものが世界中で使われています。日本では主に竹や木が材料ですが、17~18世紀のヨーロッパでは象牙や銀製のものもあり、貴婦人がア…


本日の新着記事を読む