日本で肉食が一般化するのは明治以降とされています。しかし、江戸時代の人たちが肉を食べていなかったわけではありません。大名は狩猟をして、獲物の肉を食べていました。彦根藩では牛肉の味噌漬けを作り、将軍家に毎年献上していました。庶民も精をつける…


本日の新着記事を読む