江戸時代の大名は領地と江戸の間を定期的に往復していました。いわゆる参勤交代です。その行列は大名の威光を示すバロメーターとされ、小藩でも数百人、大藩だと千人を超える人数になりました。映画やドラマではよく、先払いが「下にー、下にー」と声をかけ…


本日の新着記事を読む