星野監督辞任のウラにも……

そして赤坂氏は、
〈やはり餠は餠屋、ユニホーム組のことはユニホーム組に任せておくべきだ。三木谷オーナーがその真理を理解しない限り、楽天の再浮上はあり得ない。〉
と、オーナーを痛烈に批判している。

まさに球界総スカンというべき状態だが、実は三木谷オーナーのこうした行動は、星野仙一前監督時代にもあったと、球界関係者は明かす。
「島内、岡島ら若手を起用していた星野に、フロントを通じて三木谷オーナーは"ベテランの後藤光尊を使え"と、再三にわたって言ってきたそうだ。昨季の星野の辞任は公には体調の問題だとされているが、オーナーとの関係悪化も理由の一つだよ」

そもそも、星野監督と三木谷オーナーでは野球観が違いすぎた、と夕刊紙デスクは指摘する。
「楽天では、義理も人情もまったく関係なく、すべて数字で判断する。グッズの売り上げもキッチリ管理され、選手に振り込まれるギャラは1円単位(笑)。あくまでドライなんです」

さらに、
「星野監督にさえ指示してきた三木谷オーナーは、大久保監督が言うことをきくのは当然、と思うかもしれません。しかし、自分で判断できない指揮官ほど悲惨な存在はありませんよ」
と続ける。

寄せられた批判の数々を天の声と聞くか、馬耳東風と聞き流すか……楽天の浮沈は、三木谷オーナーの度量にかかっている。
  1. 1
  2. 2