田舎に住む貧乏人にとって、江戸は憧れの大都会でした。「江戸に行けば何とか食えるだろう」と考える者も多く、江戸中期には人口が100万人を突破しています。急増した江戸庶民が暮らしたのが「九尺二間の裏長屋」。間口九尺(約2.7メートル)、奥行二…


本日の新着記事を読む