プロレスラーの「ハヤブサ」が3月3日にクモ膜下出血のため死去した。華麗な空中殺法を得意とする覆面レスラーだった彼は2001年、試合中のアクシデントで頸椎を損傷、全身不随となる重傷を負った。懸命なリハビリの末、ここ数年は車いすと杖で芸能活動…


本日の新着記事を読む