江戸時代には、今ではありえない変わった仕事をする人がいました。有名なものでは「ガマの油売り」。侍や行者風の衣装を身につけ、切り傷やヤケドに効くという軟膏を売り歩く行商人です。商品名はガマの油ですが、ほとんどは馬の脂肪などで作ったインチキ商…


本日の新着記事を読む